体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

爆弾ハンバーグとメチャ美味ライスの無限ループ!「フライングガーデン」の秘密に迫る

f:id:uralatokyo:20170129113918j:plain

白いごはんに合うおかずといえば、鶏の唐揚げ、豚肉のしょうが焼き、ハンバーグ……。

なかでも、鶏の唐揚げレストランや豚肉のしょうが焼きレストランはあまり見かけないけれど、ハンバーグレストランはよく見かけることから、ハンバーグはその代表的な存在であるのではないかと思います。

ハンバーグレストランは個人店から大型店まで数多くありますが、1984年からチェーン展開を始め、現在は群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉県に計60店舗以上ある郊外型レストラン「フライングガーデン」をご存知でしょうか。

f:id:uralatokyo:20170129113433j:plain

こちらの看板メニューは、社長自らが考案した名前を当初は社員全員が反対したというストーリーをもつ「爆弾ハンバーグ」です。

が、この看板メニューよりもお客さんが圧倒的に注文し、隠れた大ヒットメニューといわれているものがあります。

なんだと思いますか?

「ライス」です。

f:id:uralatokyo:20170129111641j:plain

▲「ライス」270円(おかわり自由) ※ 写真のライスは特別に大盛りに

「フライングガーデン」の「ライス」は、お米の粒がそろっていて、つやつや、ふっくら。炊きたてのよい香りがして、歯ごたえがあり、もちもち。かめばかむほどお米のうま味が感じられて、ほんのりと甘く、ついおかわりをしてしまいます。

なぜこんなにおいしいのでしょうか?

埼玉県ふじみ野市にある「上福岡店」にお邪魔して、フライングガーデン本社広報担当の鳥飼英俊さんにお話をうかがってきました。

あつあつで肉汁が跳びはねる「爆弾ハンバーグ」

f:id:uralatokyo:20170129114625j:plain

まず、「弾ハンバーグ」についてご紹介します。

こちらはしっかりとしたかみごたえのある食感で、口の中にお肉の風味が広がるように工夫されたレシピを3年かけて開発。

世界一安全といわれるオーストラリア産とニュージーランド産の牛肉を100%使用し、自社工場の完全クリーンルームで加工。ひとつずつ包装されてレストランに届きます。

f:id:uralatokyo:20170129114719j:plain

▲「爆弾ハンバーグ」クイーン200g 970円〜、ランチタイムはライス・スープセットで1,078円〜

注文を受けたら、300℃に熱した網で表面をカリッと焼き上げ、同じように熱した南部鉄器の鉄板へ。そのあつあつをテーブルのお客さんの目の前でスタッフが半分にカットし、ミディアムに仕上げます。

サイズは「クイーン」200g、「キング」250g、「ダブル」200g×2で、おすすめは「キング」。もっとも絶妙な焼き加減に仕上がり、お値段もお得です。

f:id:uralatokyo:20170129114837j:plain

ソースをかけると、バチバチと音をたてて肉汁が跳びはねます。その様子がまるで爆弾のようだから、というのがネーミングの理由です。

「爆弾ハンバーグ」は焼き方で味わいが変わるため、網で焼き上げるスタッフ、テーブルで仕上げるスタッフは「マイスター認定試験」に合格した人のみ。

胸にマイスターの「M」や「匠」と書かれたバッチをつけているので、訪問の際はご確認ください。

f:id:uralatokyo:20170129114857j:plain

「フライングガーデン」には、お肉の生産から流通、調理までの幅広い知識を持ち、「全国食肉検定委員会」から認定された「お肉博士」がいます。

また、お米の産地や銘柄の特徴、おいしく炊き上げる科学的知識や実技能力を持ち、「日本米飯管理士協会」から認定された「米飯管理技能士」もいます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。