ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Mayu、大盛況のワンマンライブで舞台『杜町ペッパージャム』出演を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Mayuが2月17日、渋谷チェルシーホテルにて2度目となるワンマンライブを開催した。
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
『大きな声で、ワンツーいけますか!?』。渋谷の街をイメージして作った「グローアップタウン」、割れんばかりの「ワンツー!」コールで、Mayu二度目のワンマンライヴ「ONEMAN Mayu SHOW vol.2〜それゆけ!スーパーヒューマン〜』が幕を開けた。

「Good day, good life」で観客との距離を縮めると、『今日は会場にいる全員と目を合わせて帰ります!』の宣言から「深夜バス」、「しぶや26時」を立て続けに披露。リズミカルにバンドアレンジされた新曲「ドライビング・マイ・カー」を披露。

『2017年は挑戦の年にする』という目標どおり、特別編成でのステージも盛り込まれた。まずはエレキギター一本で新アレンジの「ほろよいヒロイン」。続けて、スペシャルゲストの事務員G(※)を招いて、舞台「虹色オーケストラ Music Story『透明のシンフォニー』」(以下、虹オケ)の想い出話に花を咲かせつつ、ピアノ伴奏とのデュオで劇中曲の「Melody in the sly」を披露。さらにウッドベースを呼び込むと、Mayuもギターを持ち替え、アコースティックセットで「KISSED MY DERAM」を演奏して観客を魅了した。そして、バンドメンバー参加による虹オケ曲「ドレミファロンド」で場を沸かせ、事務員Gを見送ると、ここから再びバンドタイムへと突入する。

後半戦を「ナイトトレイン」「ステレオラブ」「チャンキーモンキー」「時の婚約者」で一気に駆け抜け、本編ラストでは、『4年前にできていた曲。当時は気恥ずかしくて歌えなかったけど、改めて聴いたら自分が勇気づけられた。今なら誠心誠意歌える』と、サブタイトルにもなっていた「スーパーヒューマン!」を初披露した。

大声援のアンコールに応え、新グッズ『それゆけ!Tシャツ』に着替えたMayuが再び登場し、3月に劇団ハーベストの第11回公演『杜町ペッパージャム』へ出演することが発表された。最後は再び事務員Gを呼び込んで、出演者全員による「RED CARPET」。客席を巻き込んだ熱いコールアンドレスポンスでフィナーレを迎えた。

なお、舞台『杜町ペッパージャム』の劇中には歌唱シーンも盛り込まれる予定なので、公演情報を逃さずチェックしてほしい。5日間で全9公演、Mayuの新たなチャレンジが幕をあける。

Photo by Ohagi

【セットリスト】
M1. グローアップタウン

M2. Good day, good life

M3. 深夜バス

M4. しぶや26時

M5. ドライビング・マイ・カー

M6. ほろよいヒロイン

M7. Melody in the sky(虹オケ曲)

M8. KISSED MY DREAM

M9. ドレミファロンド(虹オケ曲)

M10. ナイトトレイン

M11. ステレオラブ

M12. チャンキーモンキー

M13. 時の婚約者

M14. スーパーヒューマン!

En. RED CARPET

劇団ハーベスト第11回公演『杜町ペッパージャム』
3月22日(水)〜3月26日(日)※全9公演

出演:劇団ハーベスト

ゲスト:Mayu、橋詰遼(蜜)、岩崎健一郎ほか

<チケット>

前売 4,000円(税込)

※日時指定・全席自由

■『Bon Appetit』(SMA☆チケット)先行発売:

2月21日(火)18:00〜2月24日(金)23:59

http://www.sma-ticket.jp/artist/herbest

※一般発売日:2017年2月25日(土)10:00〜

2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)
2月17日@渋谷チェルシーホテル (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。