ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Lyric Jumperで新しい音楽と出会おう】第1回:「自由気まま」な歌詞が人気の秘密!?~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【Lyric Jumperで新しい音楽と出会おう】第1回:「自由気まま」な歌詞が人気の秘密!?~

「プチリリ」サイトで本日公開した歌詞探索ツール「Lyric Jumper(リリック ジャンパー)」は、アーティストの持ち歌の歌詞の傾向を、トピック比率として可視化し、歌詞の傾向が似ている他のアーティスト名も同じ画面に表示させることができる、全く新しい歌詞探索ツールです。

このレポートでは、話題のアーティスト・楽曲をピックアップし、「Lyric Jumper」でどのような傾向が表示されるのかを紹介していきます。
第1回目は、同期歌詞表示プレイヤーアプリ「プチリリ」ほか自社アプリと、プチリリの歌詞データベースを提供している提携事業者の音楽サービスを含めた、「音楽再生とともに歌詞が再生された数」を集計した「プチリリ年間ランキング2016」で上位にランクインしたアーティストを「Lyric Jumper」で検索してみました。
ちなみに、集計期間(2015年12月1日〜2016年11月30日)の歌詞再生回数の総計はなんと11億3千万回! 1秒間に36回も再生されていることになります。

プチリリ年間ランキング2016アーティスト別1位、西野カナさんを検索

リアルな恋愛観の歌詞が同世代に人気が高い西野カナさんを「Lyric Jumper」で検索してみました。まず、アーティスト欄に「西野カナ」と入力。すると、ドーナツ型の円グラフのようなものが表示されます。

※歌詞データは随時更新されます。検索のタイミングによって、表示結果が変わることがあります。
画面の右側に「ラブソング」「一途な恋」「自由気まま」といったトピックの曲が多いという結果が出てきました。

プチリリ楽曲別年間ランキングで1位だった『トリセツ』のトピックは「自由気まま」。
この曲は、付き合っている男性に対して自分自身の紹介を、商品を買うと付いてくる取扱説明書を読んでいるように説明していくという内容で、サビラストでは取扱説明書に頻繁に出てくる「永久保証」という言葉が出てくるなど、キュートでちょっぴり笑える歌詞表現が特徴的です。
「自由気まま」トピックで表示される西野カナさんの別の歌詞を見てみると、ズボラでマイペースな自分だけど、実は血液型は几帳面なA型です、と歌っている『A型のうた』や、フラれた自分を元気づけるために誘ってくれた友人が、フッた男のことを自分よりも怒っている姿を歌った『A HA HA』など、『トリセツ』同様、キュートでちょっぴり笑える歌詞が並んで紹介されます。

同じアーティストでもトピックごとの楽曲がまとまって表示されるので、歌詞の世界観を深く感じることできます。

RADWIMPSの類似アーティストを検索

1アーティストの世界観を堪能できるだけでなく、歌詞の世界観が似ている、類似アーティストを見つけることもできます。
昨年、映画『君の名は。』の劇中歌、『前前前世』や『なんでもないや』が大ヒットした4人組ロックバンドRADWIMPSを「Lyric Jumper」で検索してみました。
アーティスト欄に「RADWIMPS」と入力。すると、ドーナツ型の大きな円グラフの周りに小さな円グラフとアーティスト名が表示されます。
この小さな円グラフが、RADWIMPSと歌詞の世界観が類似しているアーティスト結果になります。

※歌詞データは随時更新されます。検索のタイミングによって、表示結果が変わることがあります。
類似アーティストとして同じく4人組ロックバンドのBUMP OF CHICKENが検索結果で表示されました。
RADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんはSNSで「BUMP OF CHICKENは憧れ」とコメントしているほど影響を強く受けているバンドです。強い憧れがRADWIMPSの歌詞表現にも出ているのかもしれませんね。

自分の好きなアーティストを「Lyric Jumper」で検索すると、歌詞の世界観や傾向が近いアーティストが表示されるので、全く知らなかったアーティスト・楽曲に出会えるきっかけになると思います。みなさん是非使ってみてください。

これから不定期に、話題のアーティストや曲、歌詞を「Lyric Jumper」を使って紹介していきたいと思います。お楽しみに!

構成:プチリリスタッフ

関連リンク

歌詞探索ツール「Lyric Jumper(リリック ジャンパー)」
歌詞配信サービス「プチリリ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。