ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

素朴でやわらかな作画の質感、キャラクターたちの謎めいた動きーークセになりそうな独創的な世界

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
sub1

 

和田淳《わからないブタ》2010年(参考作品)

 

将来活躍が期待される若手作家を紹介する「New Artist Picks (NAP)」シリーズ。今年は、アニメーション作家・和田淳(わだ・あつし/1980 年生まれ)の個展を開催。和田淳は2002 年頃から、人間や動物などのキャラクターが脈絡を欠いた物語を紡ぎだす短編アニメーションの制作を続けている。
一枚一枚手で描かれる温もりのある線。素朴さとやわらかみの溢れる質感、キャラクターたちの謎めいた動きとコミュニケーションの反復。その合間に挿みこまれる計算された「間」は、作品の中で心地よい時間として流る。意味不明にもかかわらず、クセになりそうな独創的な世界だ。
国内外のさまざまな映画祭で上映・受賞を重ねている和田氏だが、展示形式で作品を発表する機会はこれまでほとんどなかった。公立美術館での初めての個展となるこの展覧会では、複数の画面で構成される新作映像インスタレーションを発表。横浜美術館の空間で立体的に、新たな「和田ワールド」が展開する。

 

sub2

和田 淳/WADA Atsushi
1980 年兵庫県生まれ。大阪教育大学、イメージフォーラム付属映像研究所、東京藝術大学大学院映像研究科で映像を学ぶ。2002 年頃から独学でアニメーションの制作をはじめる。国内外の映画祭等で発表を重ね、2012 年のベルリン国際映画祭短編部門審査員賞(《グレートラビット》)をはじめ、受賞歴多数。また、映画『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』『ディアーディアー』劇中のアニメーションパートを担当。現在、大手前大学専任講師、日本アニメーション協会会員。

 

main

和田淳展|私の沼
WADA Atsushi: My Marsh

 

【会  期】 2017 年2 月3 日(金)~2 月28 日(火)
【開館時間】 11:00~18:00(Café 小倉山は10:45~)
※2 月23 日(木)は16:00 まで、2 月24 日(金)は20:30 まで
【休 館 日】  木曜日 ※2 月23 日(木)を除く
【会  場】 横浜美術館 アートギャラリー1、Café 小倉山
【観 覧 料】  無料

 

【公式HP】 http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20170203-482.html
【主  催】 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
【協  賛】 株式会社 資生堂
【協  力】 東京藝術大学大学院映像研究科、Café 小倉山

 

関連イベント
上映会「カラダ!リズム!フィルム!」
和田淳作品の特集上映ほか全3 プログラムを予定

【日  程】 2017 年2 月25 日(土)
【時  間】 13:00~14:30/15:00~16:30/17:00~18:30
【会  場】 横浜美術館レクチャーホール
【お申込み】 不要(席数240)
【料  金】 無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。