ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヒーローが集結 中年戦士主人公の『昆虫戦士コンチュウジャー』再演&シリーズ化決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヒーローが集結 中年戦士主人公の『昆虫戦士コンチュウジャー』再演&シリーズ化決定

 舞台『昆虫戦士コンチュウジャー』の再演およびシリーズ化が決定しました。本作は2016年に上演された作品。

 『昆虫戦士コンチュウジャー』は、地球の平和を守る正義のヒーローの中に一人だけ中年男性が紛れているというシュールな設定のコメディ作品。作・演出は劇団犬と串主宰のモラルが担当し、一部キャストをリニューアルしてシリーズ化が行われます。続編は2017年8月上演予定で、再演はその前の5月にあうるすぽっと(東京都豊島区)にて行われます。

【関連:キューキュータマタマタマ 『宇宙戦隊キュウレンジャー』ED曲があまりに濃すぎて脳内リピートする人続出】

 そして何より豪華なのが、出演者!ヒーロー作品ファンにはなじみ深い面々が、主役の中年「ヤゴ」戦士/時羽奏(ときわそう)を演じるモト冬樹さんとともに舞台を盛り上げます。
 
 レンジャー系作品でいうレッドポジションのリーダーで熱血漢の「カブトムシ」戦士/万里チョウジ(ばんりちょうじ)を演じるのは海老澤健次さん。海老澤さんは『炎神戦隊ゴーオンジャー』にて石原軍平/ゴーオンブラック(声)を演じています。
 次にナルシストな「アゲハチョウ」戦士/エッフェル・トーマス役に、『獣電戦隊キョウリュウジャー』でもナルシストなイアン・ヨークランド/キョウリュウブラック(声)を演じた斉藤秀翼さん、イケイケでビッグマウスな「ハチ」戦士/多安島ハルオ役(たあじまはるお)には『海賊戦隊ゴーカイジャー』にてドン・ドッゴイヤー(ハカセ)/ゴーカイグリーン(声)を演じた清水一希さんが発表されています。

 さらに本作の音楽を担当しているのは『烈車戦隊トッキュウジャー』でトカッチ/トッキュウ2号(声)を演じた平牧仁さん。主題歌の作編曲を手がけています。楽曲は疾走感あるメロディラインで、実際のヒーロー番組の主題歌のような仕上がりに。トカッチこんな才能もあったのか……と思わずその多才ぶりに喝采をおくらずにはいられません。また、その他にもミュージカル『テニスの王子様』出身者など豪華出演者が決定しています。

 再演『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』は、2017年5月10日(水)~18日(木)にあうるすぽっとにて全12公演。チケットはヒーローシートが10000円(前方席&特典付き)、通常が6500円、サナギシートが4300円の18歳以下割引価格(一般発売からの販売)となっています。チケット発売は「teamプラス会員先行」「各出演者先行」がともに2月8日から。プレイガイド先行がチケットぴあにて3月11日から、一般発売が3月25日からです。

 そして期待の続編『昆虫戦士コンチュウジャー2(仮題)』は2017年8月に全労済ホール/スペース・ゼロにて公演予定となっています。

■概要
脚本・演出:モラル(劇団犬と串)
音楽:平牧仁

【主題歌】
「YES! WE CAN コンチュウジャー」
作詞:モラル 作編曲:平牧仁(三ツ星サラバ) 歌:HITO(三ツ星サラバ)
https://youtu.be/3Tqga8kH6mw

【出演】
モト冬樹 海老澤健次 斉藤秀翼 清水一希 須藤茉麻/板倉武志(犬と串) 満間昂平(犬と串) 藤尾勘太郎(犬と串) 萩原達郎(犬と串) 堀雄貴(犬と串) 綾乃彩/本田礼生/尾関陸 安川純平 角島美緒 奥田努(Studio Life)他

<キャラクター紹介>
【昆虫戦士コンチュウジャー】
時羽奏(ときわそう):モト冬樹
蛹(さなぎ)になることが出来なかったため普通に年を取ってしまった、中年戦士。昆虫戦士としてのモチーフは「ヤゴ」。

万里チョウジ(ばんりちょうじ):海老澤健次
コンチュウジャーのリーダーを自称する青年。熱血漢だがあまり賢くなく、よく空回りする。昆虫戦士としてのモチーフは「カブトムシ」で、「そうだろ、みんな!?」が口癖。

エッフェル・トーマス:斉藤秀翼
世界で自分が一番美しいと思っているナルシストで、そこが揺らぐと自我が崩壊する。昆虫戦士としてのモチーフは「アゲハチョウ」で、そんな自分も美しいと思っている。

多安島ハルオ(たあじまはるお):清水一希
いつもイケイケでビッグマウスばかり叩くが、本当はビビリの小心者。ある意味、コンチュウジャーで一番の常識人。そのため、損な役割を押し付けられることが多い。昆虫戦士としてのモチーフは「ハチ」。

桜田‘ファミリア’明日香:須藤茉麻
コンチュウジャーの紅一点。そのポジションゆえ、ヒロインらしく可愛く振る舞うが、実は結構ズボラな性格で、自分を演じることに対してやや疲れ気味。昆虫戦士としてのモチーフは「テントウムシ」。

過去の時羽奏:本田礼生
若かりし頃の時羽奏。心技体どれをとっても駄目で、なぜコンチュウジャーに選ばれたのか分からない、と周囲に言われるが、誰よりも優しい性格をしている。

【爬虫類帝国】
スネーク将軍:奥田努(Studio Life)
爬虫類帝国の総司令官。爬虫類帝国を率いて、人類との戦いを続けている。中年だが、驚異的なアンチエイジング力で未だ若々しい見た目を保っている。部下への説教はヘビのようにねちっこい。

トカゲ参謀:角島美緒
常に一位を目指している爬虫類帝国の女幹部。四大幹部の一人である気弱なヤモリ男爵を詰っているが…。

カメレオン少佐:安川純平
爬虫類帝国四大幹部の一人。インテリぶって難しい言葉を使うが、あまり中身がない。本人は自分を四大幹部のリーダーだと思っており、いつも自信満々に総司令官・スネーク将軍に進言するが、その中身のなさから大抵スルーされる。

タートル軍曹:尾関陸
四大幹部の一人。寿命が長いため、とにかくいつも計画が長期的すぎる。しかし、目的に向かってコツコツ努力する根性は本物であり、その姿勢は、コンチュウジャーたちに「俺たちが悪役なんじゃないか…」と思わせてしまうほど。

(HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

ミュージカル『魔女の宅急便』キキに上白石萌歌・トンボにジャニーズJr.阿部顕嵐が決定
セーラームーンミュージカル北海道初上陸!2016年秋公演再演決定
ミュージカル『刀剣乱舞』 新作キャストおよび公演詳細を発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。