体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒーローが集結 中年戦士主人公の『昆虫戦士コンチュウジャー』再演&シリーズ化決定

ヒーローが集結 中年戦士主人公の『昆虫戦士コンチュウジャー』再演&シリーズ化決定

 舞台『昆虫戦士コンチュウジャー』の再演およびシリーズ化が決定しました。本作は2016年に上演された作品。

 『昆虫戦士コンチュウジャー』は、地球の平和を守る正義のヒーローの中に一人だけ中年男性が紛れているというシュールな設定のコメディ作品。作・演出は劇団犬と串主宰のモラルが担当し、一部キャストをリニューアルしてシリーズ化が行われます。続編は2017年8月上演予定で、再演はその前の5月にあうるすぽっと(東京都豊島区)にて行われます。

【関連:キューキュータマタマタマ 『宇宙戦隊キュウレンジャー』ED曲があまりに濃すぎて脳内リピートする人続出】

 そして何より豪華なのが、出演者!ヒーロー作品ファンにはなじみ深い面々が、主役の中年「ヤゴ」戦士/時羽奏(ときわそう)を演じるモト冬樹さんとともに舞台を盛り上げます。
 
 レンジャー系作品でいうレッドポジションのリーダーで熱血漢の「カブトムシ」戦士/万里チョウジ(ばんりちょうじ)を演じるのは海老澤健次さん。海老澤さんは『炎神戦隊ゴーオンジャー』にて石原軍平/ゴーオンブラック(声)を演じています。
 次にナルシストな「アゲハチョウ」戦士/エッフェル・トーマス役に、『獣電戦隊キョウリュウジャー』でもナルシストなイアン・ヨークランド/キョウリュウブラック(声)を演じた斉藤秀翼さん、イケイケでビッグマウスな「ハチ」戦士/多安島ハルオ役(たあじまはるお)には『海賊戦隊ゴーカイジャー』にてドン・ドッゴイヤー(ハカセ)/ゴーカイグリーン(声)を演じた清水一希さんが発表されています。

 さらに本作の音楽を担当しているのは『烈車戦隊トッキュウジャー』でトカッチ/トッキュウ2号(声)を演じた平牧仁さん。主題歌の作編曲を手がけています。楽曲は疾走感あるメロディラインで、実際のヒーロー番組の主題歌のような仕上がりに。トカッチこんな才能もあったのか……と思わずその多才ぶりに喝采をおくらずにはいられません。また、その他にもミュージカル『テニスの王子様』出身者など豪華出演者が決定しています。

 再演『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』は、2017年5月10日(水)~18日(木)にあうるすぽっとにて全12公演。チケットはヒーローシートが10000円(前方席&特典付き)、通常が6500円、サナギシートが4300円の18歳以下割引価格(一般発売からの販売)となっています。チケット発売は「teamプラス会員先行」「各出演者先行」がともに2月8日から。プレイガイド先行がチケットぴあにて3月11日から、一般発売が3月25日からです。

 そして期待の続編『昆虫戦士コンチュウジャー2(仮題)』は2017年8月に全労済ホール/スペース・ゼロにて公演予定となっています。

■概要
脚本・演出:モラル(劇団犬と串)
音楽:平牧仁

【主題歌】
「YES! WE CAN コンチュウジャー」
作詞:モラル 作編曲:平牧仁(三ツ星サラバ) 歌:HITO(三ツ星サラバ)
https://youtu.be/3Tqga8kH6mw

【出演】
モト冬樹 海老澤健次 斉藤秀翼 清水一希 須藤茉麻/板倉武志(犬と串) 満間昂平(犬と串) 藤尾勘太郎(犬と串) 萩原達郎(犬と串) 堀雄貴(犬と串) 綾乃彩/本田礼生/尾関陸 安川純平 角島美緒 奥田努(Studio Life)他

<キャラクター紹介>
【昆虫戦士コンチュウジャー】
時羽奏(ときわそう):モト冬樹
蛹(さなぎ)になることが出来なかったため普通に年を取ってしまった、中年戦士。昆虫戦士としてのモチーフは「ヤゴ」。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。