ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Nulbarich、大盛況の初ワンマン追加公演で新作リリース発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Nulbarich、大盛況の初ワンマン追加公演で新作リリース発表

Nulbarichが、2月22日に東京・代官山UNITで“Nulbarich 1st ワンマンライブ「Guess Who?」”の追加公演を開催し、そのステージ上で新作EPを初夏にリリースすることを発表した。

2月3日に渋谷WWWで開催された初日の“Nulbarich 1st ワンマンライブ「Guess Who?」”も超満員のなか、圧倒的なグルーヴで観客を魅了したNulbarich。追加公演として発表され、チケット一般発売と同時に瞬殺ソールドアウトした本公演は、幻想的なVJが流れるなか、板付いたメンバーがイントロをスタートさせる。

Nulbarichが、この日に選んだ1曲目は未発表曲の「TOKYO」。いっきに観客の心を釘付けにしていき、その後、1stEP「Hometown」に収録されている表題曲「Hometown」「Fallin’」、そして1stフルアルバム「Guess Who?」に収録されている代表曲「NEW ERA」などアルバムから立て続けに演奏。バンドだけのセッションなどワンマンならではのコーナーも設けられ、幅広い音楽性を感じさせる楽曲でオーディエンスを魅了した。

終盤に差し掛かると、先日ミュージックビデオが公開され話題を呼んだ「Lipstick」や「SMILE」などアッパーな楽曲で会場をヒートアップ。さらに、Vo.のJQから新作EPを今夏にリリースすることが発表されると、客席からは大きな歓声が上がった。JQは「また必ず、もっとでっかい所でやるから、ついてきてね」とバンドの躍進を誓い、本編最後の曲となる「Life」で締めくくった。

鳴り止まないアンコールの幕開けは、まさかのアコースティック編成による「New Era(English Version)」。オーラスはNulbarichの定番曲ともなっている「I Bet We’ll Be Beautiful」。大喝采の元、ステージを下りた。

MCでは多くを語らず、確かな演奏力に裏打ちされた完成度の高いパフォーマンスと、終始リラックスした心地良い雰囲気で観客を踊らせながら、盛りだくさんの内容で約1時間半のステージとなった。

なお新作EPの詳細は、3月上旬にアナウンスされる予定となっている。

Photo by 佐野円香

関連リンク

Nulbarich オフィシャルサイトhttp://nulbarich.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。