体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平井堅「僕の心をつくってよ」MVは老人介護をするガングロギャルのドキュメント

エンタメ
平井堅「僕の心をつくってよ」MVは老人介護をするガングロギャルのドキュメント

 2017年3月1日にリリースされる、平井堅の通算41枚目となるニューシングル『僕の心をつくってよ』より、タイトル曲のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/pDKRk4IKauY)。

平井堅「僕の心をつくってよ」MVカット

 今回のMVは、福岡で介護士をしながら、今では少数派となったガングロギャルとして活動をする“はるちゅら”の日常に迫ったドキュメンタリーとなっている。顔をマスクで覆い、優しく淡々と仕事をこなしていく黒髪の介護士と、紫色の髪をしたガングロギャル。一見極めて対照的な女性はどちらも“はるちゅら”リアルな姿。そのギャップも見どころのひとつとなっている。

◎平井堅-コメント
今回「僕の心をつくってよ」というバラードが出来た時に“何か新しいことはできないか”
と考えたんですけど、その結果ドキュメントにしようと思いました。何か生きづらい人、現代の中で強者ではない人が、
それでも懸命に生きる姿を嘘ではなく実際にドキュメントで撮りたいということでこのようなミュージックビデオが出来たんですけど、登場してくる人の見た目とは関係なく、
魅力や優しさやいつくしみが、凄く、嘘偽りなく出ているのですごく良い作品になったと自負しております。是非、機会があればご覧になっていただけると嬉しく思います。

◎三宅伸行監督-コメント
このMUSIC VIDEOに僕たちが選んだ題材は絶滅危惧種とも言われている“ガングロギャル”。
そして、こだわったのはドキュメンタリーという手法です。僕たちは実在するガングロギャルたちへの取材を行いました。
そして巡り合ったのが、福岡在住のガングロギャル「はるちゅら」。
「はるちゅら」の素顔は、障害者介護に携わる介護士でした。介護士として働きながらガングロギャルを続けるはるちゅら。
僕たちは「はるちゅら」の日常を追いかけることで、彼女の「心をつくっている」ものをカメラで捉えてみたいと思いました。

◎リリース情報
シングル『僕の心をつくってよ』
2017/03/01 RELEASE
<DVD付初回限定盤>BVCL-776/777 / 1500円(tax out.)
<フルヴォリューム通常盤>BVCL-778 / 1130円(tax out.)
<期間限定生産盤>BVCL-779 / 926円(tax out.)
(C)Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK 2017

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会