ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

湯川潮音の新名義“sione”初のフルアルバム『ode』world’s end girlfriendが全曲プロデュース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
湯川潮音の新名義“sione”初のフルアルバム『ode』world’s end girlfriendが全曲プロデュース

 湯川潮音の新名義“sione”による初のフルアルバム『ode』が、2017年4月15日にリリースされることが決定。アルバム予告Part.1も公開された(https://youtu.be/uCcEoqT-UR0)。

 “sione”では声、唄を中心に楽曲が制作されるが、すべての曲は歌詞を用いず唄われる。本作のタイトル『ode (オード)』とは、日本語では「頌(しょう)」「賦(ふ)」など、特殊の主題でしばしば特定の人や物に寄せる叙情詩の意味を持ち、 語源は「歌」というギリシャ語。ジャケットは岸野衣里子、アーティスト写真は東野翠れんが担当した。

 全12曲がworld’s end girlfriendアレンジ/プロデュースにより制作され、楽曲はストリングス、ハープ、ピアノ、シンセ、エレクトロニクス等を配しアンビエントテクノ×フォーク、原始とモダンが交差する。

 なお、Virgin Babylon Records公式通販サイトでは、特典付き先行予約がスタートしている。

◎リリース情報
アルバム『ode』
2017/04/15 RELEASE
<CD>VBR-040 / 2450円(tax out.)
トラックリスト:未定。全12曲収録。
レーベル:Virgin Babylon Records

関連記事リンク(外部サイト)

「ことば」を唄わない湯川潮音の新名義“sione”world’s end girlfriendプロデュースの新作EPリリース
world’s end girlfriend 今冬リリース新AL『LAST WALTZ』青木裕(downy)/ 湯川潮音 / Pianaら参加
world’s end girlfriend 新AL『LAST WALTZ』より青木裕(downy)参加の「Crystal Chrysalis」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。