体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【なにが違う?】iCloud DriveとiCloud

iOS 8から利用できるようになったiCloud Drive。さらにiOS 9からは純正アプリが使えるようになりました。このiCloud Driveアプリを使えば、PCで作成したWordやExcelなどの書類データも、iPhoneで閲覧・編集可能。外出先でも重宝します。

「ん? でもiCloudとはどう違うの?」
そんな疑問を持たれたあなた。今回は、iCloud DriveとiCloud、この両者の違いも含めながら、 iCloud Driveでは具体的にどんなことができるのか解説していきます。

まずは、iCloud DriveとiCloudの違いから

もともとiPhoneには、iCloudというサービスがあります。これは主に、連絡先やカレンダー、メモ帳など、iPhoneに標準搭載されているアプリのデータをバックアップするためのもの。iCloudがあることによって、機種変更しても、以前の状態へとデータを復元できます。

では、iCloud Driveはというと、iCloudのなかに新しく備わった機能です。PCで作成したWordやExcelファイルも、iCloud Driveに保存しておけばiPhoneやiPadで閲覧・編集可能。編集を加えたファイルは、iCloud Driveが内蔵されているすべてのデバイスで共有されます。

扱うデバイスは異なれど、ファイルを保存する先をiCloud Drive1カ所にしておけば、いつでも、どんなデバイスを使ってもファイルの編集・閲覧が可能になりました。DropboxやGoogle Driveといったオンラインストレージサービスが、iPhoneにも標準搭載されたようなイメージでしょうか。

『iCloud Drive』アプリをダウンロード! まずは設定してみよう

では早速、iOS 9から利用できるようになったiCloud Driveアプリをダウンロード。App Storeから、通常のアプリと同様にダウンロードできます。

そして、設定からiCloud Driveを有効にする必要があります。

手順としては、

①「設定」から「iCloud」を選択します。
②「iCloud Drive」をタップします。
③オフ(白)になっているタグを、右にスライドさせ、オン(緑)にします。

これでiPhone側の設定は終了です。

PC側の設定も忘れずに

では次に、PC側の設定も行います。と言っても、やり方はiPhoneとほとんど同じで、「システム環境設定」→「iCloud」と進み、iCloud Driveにチェックを入れるだけ。

さらに「オプション」を選択し、同期したいアプリにチェックを入れておきましょう。

MacbookとiPhoneのあいだでファイルを共有してみた

ということで、実際にMacbookで作成したPagesファイルを、iPhoneでも共有できるかどうか、やってみました。まずは、書きかけのPages原稿に「iCloud Drive完全マニュアル」という名前をつけて保存。すると、iCloud Driveのなかに、作成したファイルが保存されています。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。