ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

実写『鋼の錬金術師』 アルフォンス場面写真解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
実写『鋼の錬金術師』 アルフォンス場面写真解禁

 荒川弘の漫画を原作にした実写映画『鋼の錬金術師』の公開日が、2017年最後の「映画の日」12月1日に決定した。
また、これまでベールにつつまれていた主人公のエドワード・エルリックの弟、アルフォンス・エルリックの場面写真が解禁されている。

【関連:『鋼の錬金術師』史上初の大規模原画展 秋に開催決定】

 昨年公開され注目された特報映像では、リアリティ溢れるアルフォンスの姿が一瞬描き出されていたが、はっきりとうつるものではなかった。それが今回解禁となったビジュアルでは、初めてアルフォンス全貌が確認できるようになっている。

 公開日が決まり、いよいよ本格始動する本作。エドワードを演じる山田涼介は「俺がエドなんだという強い気持ちを持って撮影に臨み、CGのアルフォンスを見て、これは大丈夫、実写化できるぞ」とコメント。また、現在撮影を終えポストプロダクション作業に入っている曽利文彦監督は「スタッフ、キャスト一同この作品を本当に実写化できると信じて疑わない人々が集まった現場で大いに士気が上がりました。皆さんの期待を裏切らないよう、原作の本質を大切にこの作品を仕上げていきたいと思います。」と意気込みのコメントを寄せている。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

実写『ジョジョ』で山田孝之演じる「史上最低の殺人鬼」が最狂の仕上がり
漫画『無限の住人』の実写映画がついに完成 主演・木村拓哉「しっかりと見届けて」
実写映画『咲-Saki-』の楽しみ方

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。