体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

定食なのに宴会気分? ガッツリ系中華ランチの決定版「中国料理ちゅん」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170207205147j:plain

人間誰しも、ガッツリ食べたい昼がある。こんにちは、京都の大盛担当・メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するのは、わたしが大・大好きなお店、京都・山科にある「中国料理 ちゅん」です。

f:id:mesitsu_la:20170207205158j:plain

場所は、山科区御陵(みささぎ)、三条通りの南側。JRまたは地下鉄の山科駅からは西へ徒歩約10分。お店の向かいは、京都薬科大学です。

「中国料理 ちゅん」の創業は1972年、つまり約45年前。先代のお店を38年前に大将が引き継ぎ、現在に至ります。「ちゅん」という名前は、中国語で中立という意味があるそうです。

f:id:mesitsu_la:20170207205141j:plain

無料駐車場は、徒歩3分の場所などに合計10台分あります。車派のみなさんにはうれしいですね。

f:id:mesitsu_la:20170207205159j:plain

駐車場は、五条別れの交差点を南に入り、1つめの角を右に曲がってすぐの場所にあります。

f:id:mesitsu_la:20170207205151j:plain

定番メニューが100種類以上、さらに日替わりのおすすめメニューが約20種。単品はすべて、昼も夜もオーダーOKです。さすがに全部食べたことはありませんが、いちいちおいしいんですよ。そしてすべて、量が多い。

個人的におすすめなのは、鶏ガラスープのとろ〜りあんがむちゃウマな天津飯と、キリッとパリッとした抜糸地瓜(イモの飴炊き、つまりは大学芋)です。

f:id:mesitsu_la:20170207205142j:plain

作業する手も話も止まらない、気さくすぎる大将、松崎武雄さん。

「久しぶりやな~、ヨーコちゃん(初対面時から下の名前で呼ばれております)! ウチのランチを紹介したいって、ええセンスしとるやんけ。ワシの愛情が詰まっとるからウマいねん、思ったまんまを書いてくれよ〜、わはははは」

「鍋とお玉に愛されて50年やで〜」とのことですが、ノリとしてはこんな感じでしょうか。

空前絶後の〜〜超絶怒濤(どとう)の中華料理人!!

中華を愛し、中華に愛された男!!

鍋、お玉、すべての食材……

中華一筋50年!!

そう、我こそは……

「中国料理 ちゅん」の料理長……!!

イエエエエエ〜〜イ!!

f:id:mesitsu_la:20170216214452j:plain

ジャスティス!

オーダーから1分で到着

そうこうしているうちに、開店の11時30分。開店と同時にお客さんが続々と訪れます。ランチ定食持ち帰り注文の電話も鳴ります。お客さんのほとんどが、日替わり定食をオーダー。わたくしも同じく、日替わり定食をお願いすることに。

ランチ時の人気は、日替わり定食(760円)と、ちゅん定食(870円)。ちゅん定食は、肉団子の甘酢・鶏の唐揚げ・エビフライ・サラダ・日替わりの小鉢2品・ライス・スープというこれまた大ボリュームで、日曜の夜以外の時間帯で食べられます!

f:id:mesitsu_la:20170207205156j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。