ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

うなぎ屋さんが作る本格ポークカレー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月22日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系、午前08時00分~)では、看板とは違う意外な料理が人気の「なのに食堂」を特集した中で、リポーターの荘口彰久さんが「うな達」(東京都豊島区)を訪れた。

同店はJR池袋駅東口から歩いて約5分の所にあるうなぎ料理店。うなぎを丸ごと一匹使った「うな重・梅」や人気の串焼き「串焼きうなぎセット」など、通を唸らせる味が揃っている。

こちらで大人気となっているのが、金曜日のお昼限定で出している「ポークカレー」。ガラムマサラ、チャツネ、クミンなど8種類のスパイスを独自配合し、黒糖、コーヒー、チョコなどを加えて辛さと甘さのベストバランスを追求したルーを使用。また、煮込みに豚骨から取ったスープを使う事でルーにコクを出している。しかも3日間かけて煮込んで冷ますを繰り返すこだわりようで、その味が口コミで広がり、大行列を呼んでいるんだとか。

「ポークカレー」を頂いた荘口彰久さんは、「うん!意外にスパイスが効いてる感じがします。グッと、こう、辛みが残ると言うか。」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:うな達(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×和食のお店一覧
栃木の地元の食材を使った料理が食べ放題で堪能できる
沖縄県那覇市・アグー豚のダシを使った絶品ゴーヤチャンプルー

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。