体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽トラデビューを考えている人。迷ったらこの3モデルで決まり!

▲どれも同じように見える軽トラックですが、実は各メーカーの個性が注ぎこまれています

▲どれも同じように見える軽トラックですが、実は各メーカーの個性が注ぎこまれています

軽トラは日本の生活に最もマッチした便利な道具だ

様々な仕事で愛用され、農作業などでは未舗装路もスイスイ走る。地方に行くと個人宅でもゴミ出しや灯油運びなどで使われている他、軽キャンパーのベース車などレジャーシーンでも活用される日本の軽トラック。

軽自動車だから税金や維持費が安いし、小さいから裏路地や農道などの細い道でも入っていける。そして細かいことを気にせず荷物をガンガン積める堅牢性。日本の発展、人々の暮らしを支えてきた軽トラックは中古車市場でも需要が高く、かなりの台数が流通しています。

軽トラックはOEM製品を含めるとすべての軽自動車メーカーから販売されています。「軽トラなんてどれも同じでしょ?」と思っている人も多いと思いますが、実は各社で様々な特色を打ち出しているんです。

そこで、この春に初めて軽トラックを買おうと思っている人のために、その特徴とオススメモデルをご紹介しましょう!

中古車選びに役立つはず! 軽トラック豆知識

オススメモデルの話の前に、軽トラックを選ぶ際に覚えておきたい豆知識を紹介します。中古車物件ページ内に出てくる言葉もあるので要チェック!

【駆動方式】

一般的な車と同様に、軽トラックにも2WDと4WDがあります。未舗装路を走る機会が多い人には4WDが人気。また、2WDはすべて後輪駆動になります。(前輪駆動(FF)だと、荷台に荷物をたくさん積んだ際、タイヤが路面に力をかけづらくなるため)

ただ、メーカーにより後輪駆動の方式が異なり、2WDの軽トラックには3種類の駆動方式が存在するので理解しておきましょう。

FR:スズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼットトラック

MR:ホンダ アクティトラック

RR:2012年3月までのスバル サンバートラック

【ミッション形式】

▲中古軽トラックのミッション形式はMTが主流。ただ、ATも流通しているのでAT限定免許の人も大丈夫!

▲中古軽トラックのミッション形式はMTが主流。ただ、ATも流通しているのでAT限定免許の人も大丈夫!

軽トラックのトランスミッションはATとMTが用意されていますが、中古車は6~7割がMTになります。運転免許がAT限定の人は選択肢が少なめになるので、じっくり選びましょう。

【鳥居】

▲軽トラックの“鳥居”は、リアガラスの破損やガラスが割れたときにキャビンに荷物が流れ込むことを防ぐ大切な装備

▲軽トラックの“鳥居”は、リアガラスの破損やガラスが割れたときにキャビンに荷物が流れ込むことを防ぐ大切な装備

軽トラックの装備の一つで、キャビンのリアガラスに積み荷が当たってガラスが割れるのを防いだり、角材などの長尺物を積む際の土台となったりする部分。メーカーにより“アングルポスト”“ガードフレーム”と呼ばれることも。

グレードによっては鳥居がついていなかったりルームミラーに写り込む鳥居中央のポールの太さや位置が違うため、後方視界に差が出たりするので、店頭で使いやすさを確認したいですね。物件によっては鳥居に荷台を照らす照明がついていることも。

【農業仕様】

軽トラックには田んぼのあぜ道や畑、農園などで使うことを想定した“農業仕様”がカタログモデルでラインナップされています。これらは4WD+5MTで、重い荷物を積んでも大丈夫な専用サスペンションを採用したり、農作業に便利な装備がつけられたりしています。

▲現行型キャリイ農繁仕様の特別装備。ゲートや鳥居にプロテクターがつき、荷台を照らすライトが装備されます
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。