ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

コントロールできないほどのイライラと下腹部痛!これが妊娠超初期症状とは気づかなかった…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160929173519j:plain

妊娠の超初期症状。普段から妊娠を意識している人は、ちょっとした症状にも気がつくといいますが、私は積極的に妊活などをしていなかったので、このサインには全く気づくことはありませんでした。

でも、今思えば・・・という症状はありました。それは“激しいイライラ感”と“生理痛のような下腹部痛”でした。

ちょうどその頃、生理前症候群(PMS)の症状が例年と比べてもひどくなってきていた時期で、私の場合は特に生理前のイライラがとても強くて悩まされていました。なのでその月もイライラが強く出てきたときは「ああ、もうすぐ生理が来るんだな」なんて呑気に考えていました。

しかし、その月の“イライラ感”はこれまでの月と比べても激しいものでした。気持ちが負の方向に引っ張られてしまうのですが、無理に元気を出そうとすると、周りの人に対してとても攻撃的な言葉を使ってしまったり、自分でもコントロールができない状態でした。またそれと同時に、下腹部にツンとした痛みも続いていました。生理前の下腹部の違和感にも似ており、強めの痛みが来た時は、生理が来たのかと勘違いするほどでした。

そして予定日を過ぎても生理は来ず、私は比較的生理周期は安定している方だったので、予定日を4日過ぎたあたりから「これは、いつものイライラとは違うな・・・」と思い、妊娠を疑い始めました。

結局、生理予定日を1週間過ぎても生理が来なかったため、妊娠検査薬を使ってみたら陽性の線が一本くっきり。その後、改めて病院で診てもらった結果、妊娠5週目で内診でも胎嚢がはっきりと確認できました。 関連記事:あとから振り返ればたくさんあった!私の妊娠超初期症状あれこれ

ひとつ心配なのは、妊娠が判明するまでの1~2週間、イライラ感へのストレスに耐え切れず、お酒を毎日のように飲んでしまっていたことです。また、PMSと勘違いをしていたため、市販のPMS用のホルモンバランスを整えるお薬なども飲んでしまっていました。

夫婦生活はあれど、1年ほど経っても妊娠することがなかったため、どうせ今月もできないだろう、などと考え安易にお酒や薬に頼ってしまったのですが、もうすこし自覚するべきだったととても反省をしました。

しかし、飲んでしまったものはもう取り戻せません。悔やんでも仕方がないので、いつまでも引きずらず、今は元気にこの子が生まれてきてくれることを願うばかりです。 関連記事:微熱、肌荒れ、胃のムカつき。月経不順だった私の妊娠超初期症状

f:id:akasuguope01:20160929135400j:plain

著者:ミスターオカメ

年齢:33

子どもの年齢:妊娠32週

妊娠9ヶ月目の初産婦です。いわゆる「ママ」といった従来の枠にはハマらず、自分なりの妊娠、出産、子育てをしたいと思っています。子供にも「母親らしく」ではなく「自分らしく」接することができたらいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

いつもと何かが違う!?「もしかしたら」の期待で落ち着かなかった妊娠超初期
妊娠に気づいたきっかけは、愛猫の配慮!?三毛猫ふうちゃんと飼い主の妊娠 by おたべ
わたしの妊娠超初期症状と不思議な出来事

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。