ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

365日デニム。この春はトップスもデニムも薄めワントーンが気分

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

毎日のコーディネートに欠かせないデニム。できることなら、365日デニムでもいいくらい。

ただひとことにデニムといっても、デザインやカラーなど、そのヴァリエーションは豊富。選びかた次第で、ボーイッシュにも女性らしくにも、着こなしの幅は広がります。だからこそ、いまの気分にマッチするデニム知っておきたい。

この春のデニムは薄めで。H&Mの「DENIM DAYS」

冬の終わりからだいぶ目立ってきたのが、薄いアイスブルーのデニムたち。そしてこの春、H&Mに登場したデニムも薄めでした。

H&Mのキャンペーン「DENIM DAYS」のモデルを務めるのは、ヘイリー・ボールドウィン。ジャスティン・ビーバーの元カノでもあり、親友はケンダル・ジェンナー。にぎやかなプライベートとは真逆のシンプルなデニムスタイルを着こなしています。

薄めデニムには、薄めカラーのトップスを合わせる

Hailey Baldwinさん(@haileybaldwin)がシェアした投稿 – 2017 2月 13 8:18午前 PST

Hailey Baldwinさん(@haileybaldwin)がシェアした投稿 – 2017 2月 13 8:20午前 PST

そして、薄いデニムに合わせているのは、薄めのカラーのトップス。薄いカラーでコーディネートするだけで、デニムスタイルが冬から春へシフトします。

また、この春の特徴として目立つのが、裾が切りっぱなしであること。

デニムだけでなくデニムスカートも裾は切りっぱなし。糸のほつれが少々出ていても、そこはそのまま気にせず履いてOK。ラフに着こなせるのもデニムの魅力のひとつです。

仕事にデニムを履いていくのはアリかナシか――。以前、グリッティで調査したところ、約6割の人が「アリ」と答えていました。

着たい服を着られるしあわせ、デニムがいつも思い出させてくれます。

H&M

こちらも読まれています

春へ一歩。ミントグリーンのトップスでさわやかさ香る

春。コンバースはハイカット。足もとから素肌始める

イガリメイクは指だけで完成。血色感も立体感も高まる #sponsored

■ あわせて読みたい

恋の終わり。あなたの引き際は? #深層心理
あなたの1日のランチ代はいくら?
働く女性のリアル。仕事もメイクも「がんばりすぎない」
靴下チラ見せ。スニーカースタイルに新鮮な風吹き込む
老化って、きっとすべてが硬くなっちゃうことだと思う。 #ふたりごと
現状維持? ステップアップ? あなたの恋の未来予想 #深層心理
ダメダメ女子とオタク男子。ファッションも恋もゆるめな『LOVE』シーズン2が待てな〜い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。