ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

英会話で使える!『ローマの休日』のセリフ10選

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
英会話で使える!『ローマの休日』のセリフ10選

名画『ローマの休日』が、生きた英語を身につけるのに最適だというのをご存知ですか?

『ローマの休日』には、品が良く自然な英語表現が多く登場します。発音も美しく、スピードもほどほど、ということで、英語学習にぴったりなのです。

ここでは、この映画の中から、特に使いやすい便利なフレーズを10選んでご紹介します。

■I’m very glad to know you.

お知り合いになれてとても嬉しいです。初対面のあいさつで使える鉄板フレーズ。To know youで「お知り合いになれて」という意味。相手や場所を選ばずに使えるので便利です。

■And you are…?

それでお名前は・・・?相手の名前を聞く自然な表現です。I’m Emi. And you are…? というように、自分の名前を言ってから相手の名前を聞くのがマナーです。

■Thanks a lot.

どうもありがとう。A lotは「たくさん」という意味。気軽に使える感謝の表現です。

■Don’t disturb yourself.

どうぞおかまいなく。「気にしないで」「気を使わないで」という気持ちを伝える定番フレーズ。Disturbは「迷惑をかける」。Disturb oneselfで「わざわざ~する」という意味です。

■I wish I could.

そうできればいいのですが。相手の誘いをやんわりと断る定番表現です。角が立たないので便利です。

■May I have some?

少しいただけますか?Have some moreと言うと「もっともらう」という意味に。飲み物のお代わりなどはCan I have some more, please?で頼めます。

■Tell you what.

こうしよう。I’ll tell you what.の略。「こうしようよ」「ちょっと聞いてよ」など相手の注意を引く表現です。このwhatはsomethingの意味で使われます。

■I have to go now.

もう行かなくては。have toには「嫌だけど、~しなくては」というニュアンスがあります。強引な感じはせず、やわらかに響きます。

■I’m perfectly all right.

私はまったく大丈夫です。Perfectは「完全に」「申し分なく」。That’s perfectly all right.と言うと、謝罪などに対して「なんでもないですよ」と伝えることができます。

■It’s just what I wanted.

まさにこうしたかったの。What I wantedは「私が望んでいたもの」。自分のイメージや予想とぴったりだった、という喜びの気持ちを伝えられる表現です。

■I’m sorry, I haven’t time.

残念ですが、時間がないの。I’m sorryは「残念ですが」「ごめんなさい」。I’m sorry I’m late.「遅れてごめんなさい」などと使います。

『ローマの休日』には、このほかにも英会話のお手本となるフレーズが満載。

『『ローマの休日』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック』(藤田英時著、アスコム刊)では、英語のセリフと日本語対訳を掲載した本と、映画をまるごと1本収録したDVDとがセットになっており、初心者でも映画と照らし合わせながらフレーズを学ぶことができます。

あいさつ、お礼、お詫び、自己紹介、仕事、プライベート、恋愛など、イキイキとした表現がひととおり収録されていますので、英語学習の助けに活用してみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

元マイクロソフト役員が警鐘 「働き方改革」に潜む落とし穴

「億」を稼ぐ人は何が違うのか 収入増のために必要な素養とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。