体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるでおとぎの世界!イタリア・アルベロベッロのトゥルッリを紹介

まるでおとぎの世界!イタリア・アルベロベッロのトゥルッリを紹介

この記事では世界遺産、イタリアのアルベロベッロの概要を紹介します。それでは、おとぎの世界に入った気分で、アルベロベッロを見ていきましょう。

 

アルベロベッロの概要

アルベロベッロは1996年に「アルベロベッロのトゥルッリ」という名で世界遺産に登録されました。トゥルッリとは独特の円錐状の屋根を持つ家のことを指します。基本的に、ひとつの部屋にひとつの屋根が乗っています。そして、いくつかの部屋が集まる形で「家」になります。

トゥルッロは「部屋」を意味し、トゥルッリはトゥルッロの複数形になります。アルベロベッロのトゥルッリが建てられたのは16世紀、開拓農民用の住居として建てられたのが始まりです。また、税金逃れのために、すぐに家屋を破壊できるように設計されています。

アルベロベッロ最大の聖堂、サンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂も見ものです。聖堂内には聖コズマと聖ダミアーノの彫刻があります。

 

アルベロベッロへのアクセス

アルベロベッロはイタリア南部のプーリア州にあります。アクセスはバーリにあるスッド・エスト駅から私鉄で90分かかります。バーリへはローマからトレニタリア(高速列車)で4時間です。また、対岸にあるクロアチアからフェリーを使って、バーリへアクセスできます。

 

アルベロベッロの見所

All photo by shutterstock

トゥルッリが見られる最も有名なエリアが、リオーネ・モンティ地区です。ここには1000以上の屋根があります。本当におとぎの世界のようですね。それぞれの家はカフェやお土産屋に改修しています。

ローカルなトゥルッリが見られるエリアは、アイア・ピッコラ地区になります。ここには、実際に400人ほどの住人が住んでおり、観光化以前のトゥルッリが見られます。1日かけて、じっくりとアルベロベッロを探検してみましょう。

 

モンティ地区

モンティ地区はアルベロベッロの中心地といえるところ。トゥルッリが密集している地区で知られており、その数は1,000にものぼると言われています。モンティ地区には数多くのカフェやお土産屋が軒を連ねています。

 

ピッコラ地区

観光のモンティ地区に対し、ピッコラ地区は居住エリアになります。そのため、ピッコラ地区では日常生活に溶け込むトゥルッリが見られることでしょう。モンティ地区とバランスよく見たいところですね。

 

最後に

時間があれば、ぜひ、アルベロベッロのトゥルッリに宿泊してみましょう。アルベロベッロにはトゥルッリを利用したホテルがあります。中はアットホームな雰囲気なので、まるでアルベロベッロの住人になったかのような感覚を味わえるでしょう。

 
■詳細情報
・名称:アルベロベッロ(Alberobello)
・住所:Alberobello,Bari,Italy
・アクセス:バーリから私鉄で90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.alberobello.net

関連記事リンク(外部サイト)

華やかなイタリアの絶景都市7選
世界一周して一番好きな「南イタリア旅行」の魅力
カラフルに輝くイタリアの「チンクエテッレ」に注目
ミラノのオススメ観光スポット21選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。