体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イルミネーションも、私も、キレイに写す「自撮りテク」

f:id:ponparemall:20170216110815j:plain

イルミネーションスポットへお出かけしたり、パーティーにお呼ばれしたり…などなど、自撮りする機会が増える冬。でも自撮りした自分が、イルミネーションの横で幸せなカップルを呪う貞子のような黒い影になっていた…なんて経験ありませんか? そこで今回は、「写真の撮り方・撮られ方」についてセミナーを行っているカメラマン・渕上真由さんに、様々な場面で、ノーフィルターでもかわいく撮れる自撮りテクニックを教えてもらいました。

自撮りの基本は「左顔を見せる」こと

まず、季節を問わない自撮りの基本から。最も大事なのは「カメラに向ける顔の角度」なのだそうです。

「上下の角度に関して言えば、『おでこを前に出す』ように意識することが重要です。顎を引く女性は多いと思いますが、これだと二重アゴになったり睨んでいるような目つきになったりと、意外とかわいく写りません。おでこを前に出す感覚のほうが、フェイスラインもシャープになり、目もしっかりと黒目が見えるため、パッチリとした印象になりますよ」(渕上さん・以下同)

f:id:ponparemall:20170216110917j:plain f:id:ponparemall:20170216110932j:plain

渕上さんのアドバイスを参考に、トライ!

まずはいつもの自撮りから(写真上)。顎を引くと二重アゴになって、目の形も不自然になってしまいました…。さらに自分の顔の凹凸によって影ができて、顔全体が暗く見える写真に。

おでこを前に出すことを意識して写真を撮り直すと(写真下)、違和感のないパッチリとした目になり、フェイラインもスッキリした顔で撮れましたよ! さらに先ほどのような余計な影もなくなり、顔全体が明るい印象に変わりました。

また、左右の角度に関しても、テクニックがあるそうで…?

「顔の左側をカメラに向けるのもオススメです。人間の左顔は、感情を司る右脳によって動かされています。右顔よりも表情が表れやすいので、綺麗な笑顔を写真に残せますよ」

f:id:ponparemall:20170216111035j:plain f:id:ponparemall:20170216111049j:plain

左側から撮った写真(写真上)だと、笑顔を作っていたにも関わらず、緊張しているような少し不安げな表情に…。逆に、顔の左側を強調しつつ右側から撮り直してみると、自然な笑顔で優しそうな表情を写すことができました。

以上2点のポイントを抑えたうえで、もうひとつ気をつけるべきポイントがあるそうです。それは、カメラとの距離感!

1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会