ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

コントローラーは自分の肉体!「FlexR」でゲームをしながらダイエット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tech-170217-flex3運動を始めたのはいいが、それを長続きさせるのは難しい。

運動は習慣化させなければ意味がないのだが、数十年も前に「移動の機械化」を迎えている現代人にとっては歩くことすらも一種の苦痛だ。ましてやエクササイズともなると、アスリートでない限り長く持続させられる可能性は極めて少ない。

そこには「楽しさ」という要素が必要不可欠だ。

肉体を使って操作

tech-170217-flex2クラウドファンディング界隈に、このような製品が登場した。

『FlexR』というものだが、これは早い話がゲームのコントローラーである。だが、十字キーやいくつかのボタンを押してプレイするというものではない。操作はプレイヤーの筋肉で行う。

すなわち、FlexRが接続部位の神経の動きを読み取り、それがゲームと連動するという仕組みである。たとえばスクワットをすれば液晶の中のキャラクターがジャンプする、という具合だ。

スクワットでも腹筋でも

tech-170217-flex1このFlexRが優れているのは、動かす部位に制限はないということ。器具の接続さえできれば膝関節でもいいし、腕関節でもいい。腹筋の動作を読み取ることもできる。

各人、それぞれ鍛えたい部位は違う。そのニーズに対応した製品として、FlexRは大いに注目を集めた。ちなみに市場投入価格は226ドル(約2万6,000円)を予定しているそうだが、『Indiegogo』では値引き枠が用意されている。

正月太りの後遺症に悩む人にとっては、まさに救世主となり得る製品かもしれない。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。