ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

しっかりした生地がおいしい葛西のパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
しっかりした生地がおいしい葛西のパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
あまりに興味深い店名にひかれて立ち寄りました。葛西駅から徒歩圏内の「加藤仁と阿部守正の店 」。個人名が入った店名で印象に残りやすい。行ったのは平日の夜。入って左側はパン売り場、右側にはイートインができるスペースもありました。お店のつくりやトレー、トングなど全体的に「田舎っぽさ」が出ています。

芳醇なバター感を楽しめるというよりは、生地のモッチリ感や日本らしい昔ながらのパンを味わえる印象を店内の様子やパンの見た目から感じました。嬉しかったのは衛生面。パンは1個ずつすでにビニールに入っているので時間がたってもホコリなどが気にならなくて良いです。

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
購入したのはフロマージュ・ロングウインナー・あんぱん(こし)・あんぱん(つぶあん)の4つ。一番印象に残ったのはロングウインナー。ロングと言ってもここまで長いのはなかなかない。パンを3つ横に並べても余る長さ。たっぷりの粒マスタードと胡椒がきいていて大人向け。

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
パン生地はやわらかいフランスパン生地といった食感で、パン生地とウインナー、マスタードのバランスがちょうど良い。

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
あんぱんはつぶ餡だと黒ゴマがのっていて、こし餡だと白ゴマがのっています。どっしりと重さのあるパンでした。餡の甘さは控えめです。

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
ちょっとかたいパン生地で重さの理由はパン生地でした。ここのパンの特徴は噛みごたえがあってどっしり、しっかりとした生地のものが多いようです。

印象に残る名前と温かみのあるパン屋さん「加藤仁と阿部守正の店」葛西
フロマージュはロングウインナーと似た柔らかいフランスパンのような食感で軽く温めて食べてみるとチーズの香りが楽しめました。まじめに手作りにこだわっている感じが伝わってきて、温かみのあるパン屋さん。

[寄稿者:まちむすめ]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。