ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

痩せやすい身体を作る!ちょっとした食べ物の工夫で健康的に冷え性を解消

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
痩せやすい身体を作る!ちょっとした食べ物の工夫で健康的に冷え性を解消

食べ物を工夫して、健康的に冷え性を解消しよう

食べ物を工夫して、健康的に冷え性を解消しよう
寒いと歩いたり走ったり運動する気になれませんよね。
筋肉を動かすと、全身の血液循環が良くなるので、体が温まります。
するとエネルギーが必要になるので、体が皮下脂肪をエネルギーに変えるため痩せていきます。
ただ、冬や春先は寒くて家の中にこもってしまいますよね…。
本格的な冷え性のお悩みの方は、基礎代謝が悪いため夏にも汗をかきません。
今年の夏もそうならないように、冬場から体を作っていきましょうね。
春になって痩せやすい体を作るため、食べ物にちょっとした工夫をしていきましょう。

 

痩せる身体を作る工夫① 週1回はたっぷりの根菜類でお鍋を

痩せる身体を作る工夫① 週1回はたっぷりの根菜類でお鍋を
温かい白湯を飲めば、一瞬は胃腸が温まるのですが…。
熱を作り出すには、やはり野菜のビタミンが必要不可欠です。
身体を温めるためにも、ビタミン・ミネラルがたくさん入った根菜類(コンサイルイ)の鍋を食べましょう。

 

痩せる身体を作る工夫② お味噌汁に葛粉を入れる

痩せる身体を作る工夫② お味噌汁に葛粉を入れる
葛粉とは、日本の山野に自生するクズの根を原料にしたでんぷんのこと。
これを汁物に入れてとろみをつけると、食べ物の熱を逃がさず摂取できます。
また葛粉は胃腸にも長時間とどまるので、身体を内側からどんどん温めることができます。
葛粉は味があまりしないため、お味噌汁の味を邪魔しないのでおすすめです。

 

痩せる身体を作る工夫③ ネギ、ショウガ、ニンニクを添える


ネギ、ショウガ、ニンニクは、どんな料理にも使えるうえ、体を温めてくれます。
ショウガやニンニクはチューブ状のものも出回っていますが、やはり生のが酵素の量を多く摂れるので、ささっと入れましょう。
例えば、ドレッシングは市販のものを使い、そこに、みじん切りのネギやニンニク、ショウガを入れるのがおすすめです。
ちょっとした工夫をして、未来の体を今この瞬間から作っていきましょうね。
今年の夏に、しっかり汗をだせる体質になりますよ。
ダイエットアドバイザー/清水理恵

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。