ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

実写リメイク版映画『ライオン・キング』、シンバ役にドナルド・グローヴァー、父ムファサ役にジェームズ・アール・ジョーンズを起用へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ドナルド・グローヴァーとジェームズ・アール・ジョーンズは、楽曲『ハクナ・マタタ』を歌う準備万端だ。

本紙ヴァラエティは、コメディ・テレビシリーズ『Atlanta(原題)』に出演するドナルド・グローヴァーが、ジョン・ファヴロー監督による米ウォルト・ディズニーの実写版リメイク映画『The Lion King(原題)』に出演交渉中であるという情報を確認した。また、オリジナルアニメでシンバの父ムファサの声を演じたジョーンズが、リメイク版映画でも声を演じる。

ファヴロー監督は、グローヴァーの写真と共に「王になるのが待ち遠しい。#Simba」というメッセージをツイートした。



その後ファヴロー監督は、ジョーンズの写真と共に「この伝説の人物と一緒に仕事をするのが楽しみだ。#Mufasa」と、ツイートした。



リメイク版映画は、ジェフ・ナサンソンが執筆した脚本をもとにファヴロー監督が監督を務める。現在ファヴロー監督は、ヒット映画『ジャングル・ブック』の続編の開発を進めているが、同時にリメイク映画『The Lion King(原題)』の製作も急ピッチで進行している。

オリジナル版映画『ライオン・キング』は、1994年に公開された。同作は、アニメーション映画史上最も高い興行収入を記録した作品の1つで、最終的に全世界で9億6850万ドルの興行総収入を記録した。

米ディズニーは、2014年公開の映画『マレフィセント』、2015年公開の映画『シンデレラ』の成功を受けて、実写版映画のリブートに重点を置いている。また実写版映画『美女と野獣』は、既に今年最も期待の高い作品の1つとなっている。エマ・ワトソンとルーク・エヴァンス、ダン・スティーヴンスが出演する同作は、3月17日に米劇場公開する。

米ケーブルテレビ局FXによるテレビシリーズ『Atlanta(原題)』で、第74回ゴールデングローブ賞テレビシリーズ部門の作品賞(コメディ/ミュージカル部門)、男優賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞したグローヴァーは、現在米ディズニーが手掛ける映画『スター・ウォーズ』のハン・ソロを主役としたスピンオフ作品の撮影に入っている。同作でグローヴァーは、若き日のランド・カルリジアンを演じる。グローヴァーは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、MGMTマネジメントと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。