ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』サントラが堂々のNo.1、グラミー関連作が急上昇

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』サントラが堂々のNo.1、グラミー関連作が急上昇

 映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラック盤がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2017年2月10日から公開され、全世界50か国以上でNo.1デビューを果たした映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。映画の大ヒットを受け、サントラ盤の売上も好調。初動枚数は12万枚を突破し、2位との差を倍以上離した。また、アルバムからの先行シングルとしてリリースされた、テイラー・スウィフトとゼインのデュエット曲「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」もポイントアップし、今週のソング・チャートで2位に最高位を更新している。

 本作には、ザ・チェインスモーカーズと「クローサー」を大ヒットさせたホールジーや、「ハビッツ」のヒットで知られるトーヴ・ロー、「チープ・スリルズ」の大ヒットが記憶に新しいシーアなど、人気女性シンガーから、ジョン・レジェンドやホセ・ジェイムズといった、実力派R&Bシンガーも曲を提供している。『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の他にも、『トロールズ』が7位に、2月24日に日本公開される『ラ・ラ・ランド』のサントラ盤が10位にランクインした。日本時間2月26日に開催される【第89回アカデミー賞】の効果で、映画のサントラ盤がしばらく上位を独占しそうだ。

 今週は、2月13日(日本時間)に開催された【第59回グラミー賞】のノミネート作品、出演アーティストのアルバムが売上を伸ばし、上位にランクインした。

 先週の7位から2位に再浮上したのは、新曲「ザッツ・ワット・アイ・ライク」をパフォーマンスした、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』。「ザッツ・ワット・アイ・ライク」は、今週のソング・チャートで7位まで上昇している。<最優秀アルバム>を受賞した、アデルの『25』は先週の21位から6位に、対抗馬となったビヨンセの『レモネード』は、先週の33位から9位へ、それぞれTOP10入りを果たしている。

 TOP10以下でも、<最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス>を受賞した、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『ブラーリーフェイス』(13位)や、<最優秀新人賞>を受賞したチャンス・ザ・ラッパーの『カラーリング・ブック』(22位)、<最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した、マレン・モリスの『ヒーロー』(26位)などが急上昇した。グラミーノミネート曲が収録されたコンピ盤『グラミー・ノミニーズ2017』も、先週の31位から19位に浮上した。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、22日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『フィフティ・シェイズ・ダーカー』サウンドトラック
2位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
3位『アイ・ディサイディド』ビッグ・ショーン
4位『カルチャー』ミーゴズ
5位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
6位『25』アデル
7位『トロールズ』サウンドトラック
8位『ジョアン』レディー・ガガ
9位『レモネード』ビヨンセ
10位『ラ・ラ・ランド』サウンドトラック

関連記事リンク(外部サイト)

3月4日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
3月4日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
エド・シーラン、リトル・ミックスの大ヒット・ナンバーをカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。