ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『2月22日はなんの日?』ポップアートの巨匠、アンディー・ウォーホル没後30年

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『2月22日はなんの日?』ポップアートの巨匠、アンディー・ウォーホル没後30年

 2月22日はアメリカ・ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルの没後30年となる。シルクスクリーンによるキャンベル・スープ缶やマリリン・モンロー、エルヴィス・プレスリーなど、鮮やかな色合いのポップアート作品で知られるウォーホルは、今も根強い人気を誇る芸術家であるとともに音楽シーンとも非常に縁の深い人物だった。

 カウンター・カルチャーが全盛を迎えた60年代、彼のスタジオ<ザ・ファクトリー>は多数のアーティストの溜まり場となり、そこはまさしく同カルチャーの“発信基地”となった。ウォーホルは自身がプロデュースを手がけた『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』(1967年)の“バナナ・ジャケット”だけでなく、ローリング・ストーンズ『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)、『ラヴ・ユー・ライヴ』(1977年)、80年代にはジョン・レノンの死後にリリースされた『メンローヴ・アヴェニュー』(1986年)アレサ・フランクリン『アレサ』(1986年)など、数多くの名盤ジャケットのアートワークも手がけている。

 ウォーホルは『メンローヴ・アヴェニュー』『アレサ』リリースの翌年となる1987年2月22日58歳でこの世を去っている。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月21日はなんの日?』マイルスも憧れたジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日
『2月20日はなんの日?』リアーナの誕生日、2017年は女優としての飛躍にも期待
『2月19日はなんの日?』数々の名リフを生み出したブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。