ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

職場の「こんな先輩イヤだ!」 効果的な対処法は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

職場の「こんな先輩イヤだ!」 効果的な対処法は?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。2月21日(火)のオンエアでは、20日(月)の「こんな後輩はイヤだ!」に続いて、「こんな先輩はイヤだ!」をテーマにお送りしました。

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、2,989名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査をおこなったところ、以下のような結果が出ました。

1位 気分次第で理不尽な対応をする …41%
2位 上司と部下で態度が豹変する …22%
3位 後輩の手柄を横取りする …16%
4位 デリカシーがない …11%
5位 昔の武勇伝を語る …5%
6位 後輩と飲んで割り勘 …2%

1位はダントツで「気分次第で理不尽な対応をする」でした! ちなみに男性は34%、女性は41%という割合。上司の気分に振り回されている女性が多いということなのでしょうか…。女性の方が気分屋の上司に対してイライラがたまっているのかもしれません。

2位は「上司と部下で態度が豹変する」。男性23%、女性21%の比率。こういう上司も、残念ながらいますよね。3位以下は「後輩の手柄を横取りする」、「デリカシーがない」、「昔の武勇伝を語る」、「後輩と飲んで割り勘」となりました。

アンケートでは「理不尽な態度をとる人は人間としても信用できない」「決まった態度なら、多少上から目線だとしても対処のしようがあるけど、気分で変わる人は許せない」「仕事に感情を持ち込まないで欲しい」など、もっともな意見が数多く寄せられました。

とはいえ、仕事は大人として上手くやっていきたいものです。心理コンサルタントの晴香葉子さんにお聞きしました。

「終身雇用が当たり前でなくなった現代では、『先輩だからしようがない』という考え方をする人もいなくなってきました。『後輩と飲んで割り勘』がとても少ない数字になりましたが、理不尽な先輩風を吹かせるコミュニケーションはNGで、フラットに付き合える協力関係を望む傾向が表れています」(晴香さん)

また、気分次第で理不尽な対応をする先輩に対しての対処法については、「こちらが感情的にならないことが大事」だと晴香さん。

「『企画書のココとココを、このように明日中に直せばいいということですね』と穏やかに具体的に確認をするようにしましょう。メールで再度確認したり、備忘録として録音させてもらう、誰かが一緒にいるところで確認するのも効果的です。コロコロ指示内容が変わることがストレスになるので、そうならないようにすれば、さほど影響はないはずです」

上司と部下で態度が豹変する人には「その人の上司と仲良くなる」のが一番だそう。権力に弱いタイプなので、自分の上司と部下が仲がよいという状況になると、自分も仲良くするしかなくなるのだとか。また「デリカシーがない」先輩は人と親密に関わることを好むので、実は気のいい人が多く、頼まれると気軽にやってくれる事が多いそうです。逆手にとっていろいろ頼むのもよいかもしれません(笑)。

23日(木)の「J’S RESEARCH」では、先輩にも後輩にもきっと心に響く、仕事に効く「名言」をピックアップ! アンケート結果から、現代人の働き方も分析します。どうぞお聞き逃しなく。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。