ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ドキドキの“映画館デビュー with 息子”。子連れ限定上映には嬉しい工夫がいっぱい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170220221746j:plain

映画や舞台を観るのが大好きな私。

妊娠中は、「赤ちゃんが産まれたらなかなか行けなくなるだろうなぁ」と、映画館や劇場での貴重な時間を味わっていました。

いざ出産してみると……最初の3ヶ月くらいは、日々の育児で精一杯。

その後、少しずつ“外出したい願望”が芽生え始め、実際に赤ちゃん連れで安心&安全に楽しめるお出かけプランを考えるようになったのは、息子が6ヶ月になる頃だったように思います。

ちょうどその頃に見つけたのが、TOHO CINEMASの「ママズクラブシアター」。

子連れの人々のために設定されたプログラムで、明るめの照明、小さめの音量、多少泣いたりぐずったりしてもお互い様の雰囲気、など、赤ちゃんに優しい環境で映画を観られるというもの。

ラッキーなことに、家から徒歩10分の距離にある、一番息子と行きやすいショッピングセンター内の映画館で行われていることも分かりました。

「行ってみたい!!」――すぐにそう思い、“映画館デビューwith息子”を果たすことに。 関連記事:赤ちゃんが騒いでもOK、お互い様感たっぷり!子連れ映画で「適度に息抜き」

当日は、ウキウキ7割、ドキドキ3割。

出発直前にたっぷり授乳してから、ベビーカーを押してテクテク映画館へ向かいます。

平日の朝の回だったこともあってか、席には余裕がありました。

息子はよく泣く&あまりお昼寝をしないタイプだったので、万一大迷惑になりそうだったらすぐに退出できるように、出入り口付近のシートを確保。

いよいよ映画がスタート。

息子の様子はというと……。

最初の30分間は、広い空間や大きなスクリーンが珍しいのかキョロキョロ。

その後は、ビニール袋に入ったおしぼりをカサカサ握りしめたり離したりするのに夢中(笑)。

後半は、私の腕の中でぐっすりでした。どうやら、かなり居心地がよかった様子。

「もしかしたら映画には全然集中できないかも」くらいの気持ちで行ったのですが、想像以上にどっぷり物語に浸ることができて、私にもいい気分転換に。

とても気に入ったため、毎月スケジュールをチェックして何度かリピート。

この時に観た作品は、どれも“息子と一緒に観た作品”として心に残っています。

本当は何回も何十回も観たかったのですが、予定が合わず見送ったりしているうちに、息子はハイハイをするようになり、歩くようになり……。

早くも10ヶ月頃には、「動きたくて仕方ない!」状態に。

現在は1歳10ヶ月、「走り回らずにはいられない!」時期に突入したため、しばらく子連れでの映画館ともご無沙汰してしまっています。

赤ちゃんの成長って、あっという間ですよねぇ(しみじみ)。 関連記事:楽しいご飯の時間が「戦場」になる前に…子連れでの外食は離乳食前に行っておくべき!

映画好きの方にオススメの、子連れ限定上映。

いろいろな映画館で実施されているようなので、一度探してみてはいかがでしょうか。

私の経験から考えると、赤ちゃんの動きが激しくなる前の時期にチャレンジしてみるのがベストかもしれません。

私も、今後は息子のお昼寝のタイミングに合わせて楽しめたらと思っています。

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳10ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

幸せな記憶をありがとう!下北沢駅で出会った、“人としてかっこいい”人たち by カワハラユキコ
初めてのお出かけはギャン泣き大パニック! 以来、外出が怖くなり引きこもり育児に
おせっかい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。