ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

家族といられる幸せを思い知った2ヶ月間。2人目妊娠での切迫流産、入院生活の辛さ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170220230301j:plain f:id:akasuguedi:20170218085757p:plain

当時は夫、私、1歳の息子の3人家族でした。

1人目の時にも切迫早産で2週間程入院しました。

にもかかわらず、学習しない私は全く危機感を持たず、妊娠前と変わらない生活を送ってました。

2人目が産まれればしばらく旅行にいけないと、近場に家族で旅行に行った翌日。

その日は妊婦検診で、妊娠28w4d。

息子が昼寝してる間に、夫に息子を預け、自宅の近くの病院へ一人で向かいました。

エコー検査をして、おりものが少し多かったので内診をしてもらい、内診を受けている途中で先生から、

「結論から言うとね~、即入院だね~」

一瞬時が止まって、頭真っ白(笑)

張り止めは飲んでいたものの、

子宮頸管1.5㎝ 子宮口1.5㎝開いてるとのこと!

一旦自宅に帰ることも出来ず、そのまま入院でした。

即点滴を打たれ、最初はウテロンを2A15でした。

トイレ、洗面、シャワー以外は寝たきり、絶対安静…。

移動は全て車イスでした…。

先生によるととりあえず34wまで入院、落ち着いてくればそこで退院とのこと。

不安、寂しさ、上の子の心配。

毎日、大部屋の病室で、こっそり泣いてました。

携帯、漫画、日記を書いたりして時間を潰し、それでも入院生活が苦痛で苦痛でたまらなかった…。

休みの日に夫が息子を連れて面会に来てくれることが、とてもとても楽しみでした。

母、妹も何度も面会に来てくれて、

「家族に会えることがこんなにも幸せなことなんだ。毎日普通に会えていることが当たり前じゃないんだ」

と考えさせられました。 関連記事:切迫早産で一家離散!不安だらけの入院生活の過ごし方

入院生活にもたいぶ慣れてきた頃、お腹の張りが治まらず、点滴がどんどん上がった日があり、3A24まで上がってしまいました。

それからは張りも落ち着き、また同じ寝たきり安静…。

しかしそれも長くは持たず、32w4dでまた張りが治まらず、点滴は4A30まで上がりました。それがその病院のできるMAXの量でこれ以上なにもできないとのこと…。

このまま陣痛がきてもNICUがないので危険と判断され、緊急転院になりました。

救急車で運ばれ、自宅から1時間程かかる病院へ。

先生に診察してもらうと頸管1.1cm、子宮口3cm。

2〜3分間隔で痛みのある張りが2日続き、私ももう産まれてしまうと思ってました。

でも赤ちゃんが頑張ってくれ、なんとか持ちこたえてくれました。

転院先でも、同じく持続点滴、絶対安静の生活。

何度か強い張りがあり、先生や助産師さんに「いつ産まれてもおかしくない」と言われ、毎日、毎日びくびくしてました。

しかし、転院先でも頸管5㎜子宮口4㎝まで開いていても産まれることなく、なんと、36wまで持ち、退院することができました!

先生も助産師さんもとても優しく、不安なことや悩みなど、たくさん話を聞いてもらい、長い入院生活も少しはよかったのかなと思えました。

出産は元々通っていた病院で産みたいと思っていたので、退院したその足で元の病院へ検診にいきました。

多少の張り返しはあったものの、変化があればすぐ連絡してと言われ、その日は帰っていいと言われました。

久々の家族での食事。

その日は夫、息子の笑顔を見ているだけで泣きそうになりながら食事をしました。

今回の2ヶ月弱の入院でたくさんのことを感じ、思い改めることができました。

私自身も先生方も家族も持って1日2日だと思っていたのが、なんと、37w3dまで持ってくれました!

破水から始まり、高位破水だったので最初おりものだと勘違いし、しばらく様子を見ていると、いきなり2.3分間隔、激しい痛みが。

病院に着き、1時間で産まれてしまいました。

産まれた子は、2,840グラムの元気な女の子でした!

ほんとに元気に産まれてきてくれてよかった。

優しくしてくれた先生や助産師さん。

たくさん面会に来てくれ、仕事と両立して息子の面倒を見てくれた母、義母、妹。

まだ甘えたい時期なのに2ヶ月間我慢してくれた息子。

なりより、仕事、家事に育児、たくさんの負担をかけた夫。

感謝してもしきれません。 関連記事:多くの人の支えで命が守られている。3人目にして予想外の早産で教わったたこと

最近は、上の子の赤ちゃん返り、下の子のお世話と忙しい日々を送ってます。

それでも、夫、息子、娘の笑顔を見てると幸せな気持ちになります。

こういう些細な幸せを毎日見つけることが出来るのも、2ヶ月間の入院のおかげなのかなと思うと、入院生活も悪くなかったのかな?と思います。

著者:こにたん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

20日間ぶりに浴びたシャワーの気持ち良さ…。3人目にして切迫早産で絶対安静に
病院スタッフが「お帰り〜」と。切迫早産で入院後、今度は妊娠高血圧症に!
ひと蹴り10万円也!強烈な胎児キックで子宮口が開き、切迫早産入院が1週間延長!? by まきりえこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。