体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2/12】『日本仏教夜話パート2 仏教書ナイト』 阿佐ヶ谷ロフトAにて開催

【2/12】『日本仏教夜話パート2 仏教書ナイト』 阿佐ヶ谷ロフトAにて開催

トンデモなポスターと濃すぎるメンツで伝説(?)になった『仏教夜話』が再来! 2月12日(日)、阿佐ヶ谷ロフトAにて『日本仏教夜話パート2 仏教書ナイト』 が開催されます。今回のテーマは”仏教書”。仏教書を制作する編集者や作家、そして『彼岸寺』からは松下弓月が僧侶として壇上に上がります。

近年、仏教書がブームだと言われています。売れている仏教書の特徴、仏教書ベストセラーの変遷、そしてこれから求められる本当に読みたい仏教書とは? さらには、「そもそも本を通して仏教を知るってどういうこと?」と、ぐいっと深く掘り下げてテーマを追いかけます。編集・制作をめぐる裏話や業界事情を交えて、改めて仏教書の魅力を考えるという濃密な一夜になりそうです。

『日本仏教夜話パート2 仏教書ナイト』 の出演者は、みうらじゅん『マイ仏教』や『考える人』仏教特集などで”文壇”ならぬ”仏壇”を盛り上げる新潮社編集者・金寿煥氏、日本テーラワーダ仏教教会事務局長としてスマナサーラ師の著作を手がける佐藤哲朗氏、『初期仏教キーワード』などの著述やティク・ナット・ハン師の翻訳で知られる星飛雄馬氏、春秋社編集者の穂高光生氏、地人館代表の大角修氏、そして彼岸寺編集長の松下弓月。いったいどんなトークが繰り広げられるのか楽しみですね。

前売り券はローソンチケット(Lコード38536)、1月14日(土)よりウェブ予約を開始しています。気になる人はお早めにご予約を。

日本仏教夜話パート2 仏教書ナイト
日時:2012年2月12日(日)18:30開場、19:30スタート
料金:前売1200円/当日1500円(共に飲食代別)
前売り券:ローソンチケット(Lコード38536)
※ウェブ予約は下記URLからも行えます。
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=840

○連載:仏教なう

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。