ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“究極の選択”を迫られる注目のアナログゲーム『マジョリティパーティー』クラウドファンディング実施中 現在の支援金額は75万円

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アナログゲーム制作サークル「蜜健会(みっけんかい)」は、同サークルの制作するアナログゲーム『マジョリティパーティー』の生産を行うためのクラウドファンディングを開始した。目標金額は20万円に設定されているが、2月22日時点で既に支援金額は約75万円を突破、パトロンは152人となっている。

559dd4d8-df75-4cd8-a2ac-06c097a68530
『マジョリティパーティー』Kickstarterページ

本作『マジョリティパーティー』、アナログゲームの見本市「ゲームマーケット」にて生産した200部が午前中に完売、新作を評価するアンケートでも 67タイトル中5位の評価を得ているた作品。かねてより再版希望の声があり、今回、制作費のためにクラウドファンディング実施に至ったとのこと。

本作は、3~10人でプレイできるコミュニケーションゲームとなっている。1プレイにかかる時間はおよそ15分から20分ほど。ルールとしては、目の前にはひとつのボタンが置かれており、このボタンを押すと、「うれしいこと」と「いやなこと」が同時に起こる、という設定だ。

41c2a8e2-f5db-4a82-a3bb-27036174a8e9[1]
 
親となったプレイヤーは、このボタンを押した時に起こる「うれしいこと」と「いやなこと」を発表する。たとえば、「このボタンを押すと、電車で必ず座れるようになる。しかし、座っていると必ず目の前に足を骨折した人が立つ」といったようにだ。

親も含めて、全てのプレイヤーは、もしも今、自分の目の前にボタンがあるとしたら、それを押すか押さないかを選択し、一斉に投票する。押すを選んだ人、押さないを選んだ人、それぞれの人数を数え、マジョリティ(多数派)はポイントを得て、マイノリティ(少数派)は親にポイントを渡す。決まった回数、全てのプレイヤーがお題を発表したらゲームは終了。ポイントを一番多く持っているプレイヤーが勝利となる。

46a9e04c-353e-4840-b64b-14e5ec80391e[1]
 
プレイに適したシチュエーションとしては、イベントのアイスブレイクや、知人友人とのプレイなどが挙げられている。プロジェクト支援は3,000円からのメニューが存在し、リターンとしては、ゲーム本体のほかにもオリジナルグッズが入手できるようだ、興味を持った方は、公式ページをのぞいてみてはいかがだろうか。

『マジョリティパーティー』Kickstarterページ

31dbdc31-3b84-43cd-a038-3635b30a3c7f
 

関連記事:

「ゲームマーケット2014秋」直前!初心者にもおすすめのアナログゲーム特集
ひつじ年にはひつじのゲームを。ボードゲーム『ひつじとどろぼう』レビュー
出したいカードも出せないこんな世の中じゃ……カードゲーム『ポイズン』レビュー

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。