ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

中目黒に小さな鳥取がやってくる「co-tori 2017」今年も開催!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
cotori2017_02

クラフト、お酒、グルメなど盛りだくさん

2017年2月25日(土)から3月10日(金)までの2週間、東京・中目黒のうつわと道具の専門ショップ「SML(エスエムエル)」をメイン会場に、「co-tori(コトリ) 2017」が開催されます。

中目黒の街を歩きながら、鳥取の手仕事と旬の食材を楽しむことができる本イベント。5年目となる今回も、因州中井窯など13組が出店し鳥取の多彩な手仕事を紹介する「TOTTORI craft」展と、呑み歩き食べ歩きイベント「co-tori BAL(コトリバル)」の恒例企画が催されます。

さらに今年は新企画として「co-tori CAFE&RESTAURANT」が登場。対象の7店舗で鳥取産食材を使った限定メニューを楽しめるほか、2店舗では鳥取の人気店のスイーツを味わうことができます。

そのほか、豪華プレゼントが抽選で当たる「co-tori BAL」スタンプラリーが開催されるなど、今年も内容盛りだくさん。民藝やお酒、スイーツなど、鳥取の魅力が凝縮された2週間を満喫してみてください。

cotori2017_03 「co-tori CAFE&RESTAURANT」では鳥取県産の食材を使用した限定メニューを味わえます。

cotori2017_04 「co-tori BAL」参加者には、鳥取の窯元で作られたぐい呑をプレゼント。

cotori2017_05 鳥取の風景:倉吉市。

cotori2017_06 鳥取の風景:倉吉市。

cotori2017_07 鳥取の風景:岩井窯。

cotori2017_01

co-tori 2017

会期:2017年2月25日(土)~3月10日(金)

メイン会場:SML

「TOTTORI craft」展

会期:2017年2月25日(土)~3月5日(日) 12:00~20:00(土日祝11:00〜)

会場:SML

展示販売:鳥取民芸木工 / 延興寺窯 / 福光焼 / 山根窯 / 因州中井窯 / 牧谷窯 / 山口邦子(型染め) / 吉田璋也デザイン ナイフ / 大因州製紙協業組合 / 西尾正道(絞染め) / ukiroosh(ガラス) / 山下染織工房 / 岩井窯

co-tori CAFE&RESTAURANT

会期:2017年2月25日(土)~3月10日(金)

鳥取から直送の食材を使用した限定メニューを7店舗で楽しめます。

開催店舗(中目黒の7店舗)と鳥取の食材を使った限定メニュー:

cafe RED BOOK「白バラ牛乳のチャイ」 / SOAKS「鳥取和牛トリッパと白インゲンの白ワイン煮込みゴルゴンゾーラの香」 / バール・デルソーレ「鳥取・天美卵を使った卵のリゾット」 / エムソラ「鳥取在来小そばのせい」 / Meat&Bakery TAVERN「鳥取和牛の炭火焼バーガー」 / STOVE「大山鶏の香草パン粉焼き」 / SunnySide中目黒「鳥取牛骨ラーメン」

また会期中、下記の2店舗では鳥取の人気店のスイーツが楽しめます。

・SIDEWALK STAND:『森の生活者』の「クランベリーとホワイトチョコのスコーン」、「しうがピールとザラメのバターケーキ」他

・PLAIN PEOPLE Nakameguro:『HAKUSEN』の「ハーブコーディアルドリンク」、「塩チョコマフィン」他

co-tori BAL(コトリバル)

鳥取の日本酒と食材を楽しめる、2DAYS限定呑み歩き食べ歩きイベント。メイン会場の「SML」で参加登録をすると、鳥取の窯元で作られたぐい呑みをプレゼント。参加6店舗では、各店舗のおつまみメニューをお一人様一品ご注文頂くと、鳥取の地酒が1ドリンク無料でお楽しみいただけます。

日時:2017年3月1日(水)・2日(木) 18:00~23:00(受付21:30まで)

参加費:2500円(税込)

開催店舗(中目黒の6店舗):cafe RED BOOK / SOAKS / バール・デルソーレ / TAVERN / STOVE / SunnySide中目黒

「co-tori BAL」スタンプラリー

参加店を3店舗以上巡って、鳥取の豪華商品をGETしよう!

・「GO! TOTTORI賞」(2組4名様):東京ー鳥取(1組2名様)、東京ー米子(1組2名様)往復航空券をプレゼント

・「USE! TOTTORI賞」(3名様):鳥取の手仕事が感じられるSML厳選のうつわをプレゼント

・「DRINK! TOTTORI賞(3名様):鳥取の地酒をプレゼント

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

現代にバウハウスを伝える「THIS IS TECTA バウハウスの名作家具展」開催中
ACME Furnitureが関西初出店! 創業時のアイコン商品も台数限定で再登場
渋谷で「理想のクラフト郷へ」! 笠間と益子の作陶家作品の展示販売会

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。