体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スナチャがカメラになった。専用サングラスで見たままを撮れる

生活・趣味

サクッと撮って、友だちにシェア。見たら消える。そんな手軽さが支持されているSnapchat。

でも、もうスマホすら操作せずに動画を撮れるようになりました。

見た目はサングラス。ボタンひとつで動画が撮れる

実現してくれたのは、見たものをそのまま動画として記録できる「Spectacles」。

見た目は完全にサングラス。

でも、黄色の円がカメラになっていて、フレーム上にあるボタンを押すと、ワンプッシュで10秒間見ているものを録画することができます。

できあがった動画はこんな感じ。

Melia Robinsonさん(@meliarobin)がシェアした投稿 – 2017 2月 16 9:44午前 PST

Melia Robinsonさん(@meliarobin)がシェアした投稿 – 2017 2月 16 10:00午前 PST

白丸の縁がなんだか洒落ています。

レンズが目のすぐそばにあるので、撮れるのはまさに見たままの光景。臨場感は抜群です。

友だちの自然な笑顔も逃さずキャッチ

20170221_spectacles02.jpg©Hollis Johnson

うれしいのは、サングラスをかけているだけで好きなときに撮影できること。

これまではポケットに入っているスマホを取り出すうちに取り逃がしていた瞬間も、ボタンひとつ押すだけで逃さずキャッチできます。

スマホのカメラを向けたときの「いかにも撮影しています感」がないので、友だちや恋人の自然な笑顔が撮れそうです。

Village&Co.さん(@villageandco)がシェアした投稿 – 2017 2月 20 11:01午前 PST

Technologiumさん(@technologium_be)がシェアした投稿 – 2017 2月 20 10:44午前 PST

カラーは、ブラック、ピンク、ブルーの3色。黄色の円がアクセントになって、スタイリッシュに見えてきます。

価格は130ドル(約1万4,000円)。来週月曜日(アメリカ時間)から特設サイトで注文できるようになるとのこと。

ふざけた動画を送り合うSNSというより、これからはカメラとしてSnapchatとの付き合いが始まりそうです。

[BUSINESS INSIDER JAPAN]

文/浦田昆

こちらも読まれています

・起床、朝食、メイク…。働く女性のなにげない朝をのぞいてみた

・イガリメイクは指だけで完成。血色感も立体感も高まる #sponsored

・我慢してこそ大人なんて嘘だ。◯◯しホーダイはいつだってうれしい#sponsored

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会