体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブランドが東京・中目黒にも進出! 博多で人気の「うどん居酒屋」釜喜利うどんの絶品メニュー

f:id:mesitsu_lb:20170206124320j:plain

福岡で、最も勢いがある人気のうどん店といえば、名前があがるのが「釜喜利うどん」

「すだちうどん(650円)」は一度食べると忘れられません!

※上の写真はB丼(雲仙ハムの玉子とじ丼 350円)とのセット、サービスのグラスビール

f:id:mesitsu_lb:20170206124323j:plain

場所は大名。こんなところに! という都会の一角に「釜喜利うどん」はあります。

お昼も夜もお客さんが多く、メディアで取り上げられることも多数。

「うどん居酒屋」というスタイルを確立し、東京の中目黒にも進出した「二○加屋長介(にわかやちょうすけ)」のセカンドブランドとして生まれました。

f:id:mesitsu_lb:20170206124326j:plain

店内は、木目を基調とした、和でありつつもモダンな雰囲気も楽しめる粋な感じ。

f:id:mesitsu_lb:20170206124328j:plain

早速、お品書きに目を通します。

たくさんの種類が用意されていますが、特に人気なのは「すだちかけ」。

すだちのさっぱりしつつも上品なうまさに、最初に出合った時はかなりの衝撃を受けました。

他にも、「油うどん(650円)」と、「甲斐スペシャル(1,000円)」は人気メニュー。一号店である、「二○加屋長介」でもよく出ているそうで、病みつきになる人が多いのだとか。

どちらもオリジナルで、「油うどん」は、甘く炊いたひき肉が入ったもの。「甲斐スペシャル」は、温泉玉子+特上肉で使われるひき肉が入ったもので、お客さんの甲斐さんのリクエストで生まれたメニュー。お客さんの名前が入ったメニューが登場する時点でお店のスタイルみたいなものまで感じられるから不思議ですね! いいお店に間違いないと思います!

「油うどん」も「甲斐スペシャル」も気になりましたが、今回はぜひ一度は食べてみて欲しい「すだちかけ」をお願いすることにしました。

うどんって当たり前ですが、出汁がうまいってことだから、そのうどん店にあるメニューどれを食べても絶対うまい! 釜喜利うどんは、丼もうまい!

完成度が高いミニ丼(300円~)をうどんにセットでつけることができます。

今回は、珍しい「B丼(雲仙ハムの玉子とじ丼)」にしました。

さらに、食事をする人には、全員生ビールをグラス一杯分サービス!

昼でも夜でも関係ありません。

車でなければ、かなりうれしいサービスです。

f:id:mesitsu_lb:20170206124330j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会