ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カラダの動きで音楽を奏でる新感覚ムービー「MOTION SONIC DANCE PARTY」公開、s**t kingzらパフォーマーが集結

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カラダの動きで音楽を奏でる新感覚ムービー「MOTION SONIC DANCE PARTY」公開、s**t kingzらパフォーマーが集結

ソニーが展開する、テクノロジーを駆使した新たな音楽体験を創造する「MOTION SONICPROJECT」。今回、カラダの動きを音に変えるアイテムを用いた、新しい音楽カルチャーを表現したスペシャルムービー「MOTION SONIC DANCE PARTY」をスペシャルサイトにて公開した。

本プロジェクトが目指しているのは、「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」。マイクと6軸センサーなどを組み合わせ、動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という、2つの体験を生みだすアイテムの開発に取り組んでいる。

このアイテムのさらなる可能性を表現すべく制作された本ムービーでは、パフォーマンスチーム・s**t kingzと新しいダンスパフォーマンスに挑戦。s**t kingzがアイテムを腕に装着し、カラダの動きで音を操りパーティーシーンを盛り上げる。

また、s**t kingzのほか、世界最高峰のDJバトルでの優勝経験を持つTurntablist DJ IZOH、4人組ガールズバンド・SORAMIMIのベーシストでありながらも数々の海外フェスにソロ出演、独特のスラップベーステクでその名を轟かせているJuna、レディーガガのバックダンサーを務めたRIE HATAなど、そうそうたるメンバーが集結。s**t kingzが繰り出すハイテンションサウンドが、パーティを熱狂の渦に巻き込む圧巻のグルーヴ感に注目だ。

s**t kingz コメント
このアイテムを使いこなせば、誰でもパーティーの主役になれる。そんな可能性を感じることができました!バンドとのセッションなど、新しい音楽とダンスの関わり方が生まれそうでワクワクします。

ベーシスト・Juna(from SORAMIMI)コメント
迫力のあるダンスにマッチしたサウンド、本当に興奮しました!「このままずっとベースを弾いていたい」そんな気持ちになり今も余韻に浸ってます。

Turntablist DJ IZOH コメント
DJ(踊らす側)とダンス(踊る側)の両方で音楽を作り上げるのはとても新感覚でした。もっと追求してオーケストラのようにしてみたくなりました。さらに、自分のDJしてる手にもつけたらどうなるのかとか、想像が膨らんできます。

「MOTION SONIC DANCE PARTY」スペシャルサイト
http://motionsonic.sony/

「MOTION SONIC DANCE PARTY」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。