体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「1週間の留学」を無料プレゼント♡行きたい国を選んで今すぐ応募しよう!

「1週間の留学」を無料プレゼント♡行きたい国を選んで今すぐ応募しよう!

留学に興味はあるけれど、数ヶ月〜何年もできるか自信がない…。現地でどんなことをするんだろう?海外での留学は気になるものの、いまいち実際の授業の様子や、海外に暮らすイメージがつかないですよね。

短期留学だと語学は身につかなさそうだし…と心配なら、「とりあえず」お試しで留学してみるのもアリ!筆者自身、学生時代にアメリカでの留学を体験していますが、行って良かったと心の底から思います。

そんな語学留学ですが、教育機関のEF Education Firstさんが主催するキャンペーンで、なんと「1週間の留学」を無料でプレゼントしちゃいます!

少しでも興味がある人は、気軽に応募してみましょう♡

 

あなたもこんな経験、きっとあるはず

photo by shutterstock

この記事を読んでいるあなたは、少しでも留学に興味があるはず。それでもまだ実際に行っていないということは、何か不安なことや気になることがあるのでは?下の10個の質問を読んで、いくつ当てはまるか試してみましょう!

 

旅に行った時に外国語で話してみたい
入国審査の質問の時点でドキドキするのを卒業したい
しかも相手がめちゃくちゃでかい男性だと超緊張する
海外で「huh?」って言われると凹む
留学している友達を見るとちょっと、うらやましい
ぶっちゃけ、めちゃくちゃ楽しそうで嫉妬
でも実際、留学って何をしているのかよく分からない
自分なんかが本当に海外で生活できるのか不安
海外の授業に自分がついていけるのか怖い
行ってもないのにホームシックになりそうで心配

 

「入国審査でめちゃくちゃ緊張する」これ、まさに筆者でした。優しそうな女性と、ガタイのいい男性の前でドキドキしながら「女性に…女性に当たれ…!」と順番を待っていると、男性から容赦ない「NEXT!」の声が。

もうこの時点で相当トイレが近くなっているのに、「What’s the purpose of your visit?」「How long will you stay in this country?」「Who will stay with you?」と立て続けに質問が飛んできて、「5days…」と自信のない声で答えていました。

ビビりながらパスポートを渡すと、なぜか真ん中のページとかにスタンプを押されたりして…どうしても苦手な瞬間でした。

 

どんなところに行けるの?

photo by shutterstock

教育機関「EF」では、世界中様々な国での留学を応援しています。普通「留学」といえばアメリカ、カナダ、イギリスなどを想像しますが、なんとアフリカや中央アメリカまでカバーしているのです。

EFが対応している国の一部はこちらです。
イギリス(ロンドン・ブライトン・オックスフォード・ケンブリッジ・イーストボーン・ボーンマス・マンチェスター・ブリストル)、アイルランド(ダブリン)、アメリカ(ニューヨーク・ボストン・ワシントンDC・マイアミ・シカゴ・サンタバーバラ・サンディエゴ・サンフランシスコシティ・サンフランシスコミルズカレッジ・シアトル・ホノルル)、マルタ(セントジュリアン)、カナダ(バンクーバー・トロント)、南アフリカ(ケープタウン)、オーストラリア(ブリスベン・シドニー)、ニュージーランド(オークランド)、シンガポール(シンガポール)、イタリア(ローマ)、フランス(パリ・ニース)、ドイツ(ミュンヘン・ベルリン)、スペイン(マドリード・バルセロナ・マラガ)、コスタリカ(プラヤタマリンド)、中国(北京)

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。