ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『アルティメット・ビーストマスター』、挑戦者たちが優勝賞金よりも“欲しいモノ”とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『アルティメット・ビーストマスター』、挑戦者たちが優勝賞金よりも“欲しいモノ”とは?

 2017年2月24日にNetflixよりスポーツエンタテインメント『アルティメット・ビーストマスター』が全世界同時オンラインストリーミングされる。この度、本作のプロデューサー、デビッド・ブルームが、本作はスポーツの祭典、オリンピックと同じ要素があると明かした。

 デビッドは「この壮大で過酷なチャレンジは、挑戦者の人生の縮図であり、彼らそれぞれの人生を反映するんだ。私が最も鳥肌が立つのを覚えることは、6ヶ国の選手たちが肉体的な挑戦をして競い合いながらも、他の国の選手たちのことも応援しあっていること。そのスポーツマンシップには心から敬服するよ。選手たちはお互いにライバルでもあるけど、一緒にザ・ビーストに立ち向かっている戦士でもあるんだ。彼らの関係はまさにオリンピックなんだよ!」と語り、スポーツを通して世界が通じ合うオリンピックと同じ精神と感動がつまっていることを明かした。

 本作は映画やドラマ製作の印象が強いNetflixにとって新たなジャンル開拓となる作品としても注目されている。アメリカ、ブラジル、韓国、メキシコ、ドイツ、そして日本の計6カ国から集まった108名の挑戦者の中から、<アルティメット・ビーストマスター>の称号を手に入れる。この称号を手に入れる1名は単なる優勝者ではなく、金メダリストのようなまさに“英雄”となり、彼らが優勝賞金5万ドルより本当に欲しいのは世界的な“名誉”と言えるだろう。挑戦者たちを待ち受ける障害物“ザ・ビースト”の全長は約183メートル、高さ約25メートルにも及ぶ。ビーストの大きく空いた入口から始まる内部には、難攻不落の障害物が待ち受けており、コースそれぞれに必要とされる能力は違い、力の強さ、バランス力、機敏さが求められる。総合プロデューサーのシルヴェスター・スタローンは、「世界中から屈強なアスリートたちが集結して、チャンピオンやヒーローになっていく様子を世界中に配信できるから、製作に関わることができて本当にワクワクしているよ」と語っている。 『アルティメット・ビーストマスター』は2月24日にストリーミング配信開始。

◎番組情報
『アルティメット・ビーストマスター』
Netflixにて2月24日より全世界同時配信

関連記事リンク(外部サイト)

PassCode、台湾の大型フェス&ベガス主催イベント出演
WEAVER ライブハウスツアー【Shake! Shake!】オープニングアクトを一般募集
トム・ヒドルストン初来日決定、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンとともに“ゴジラの国”日本へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。