体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京のご当地料理店開拓 青森編 ~地方を旅する気分で訪れたい~

f:id:tabearukist:20170217150214j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。

マニア道企画からスピンオフしまして、「東京で全国47都道府県の味を堪能する」

新企画、東京ご当地料理店開拓がスタートします。

タベアルキストご当地料理担当目線で、ディープでマニアックなご当地料理をお届けしたいと思います!

ご当地料理の3タイプ

少々マニアックですが、ワタクシはご当地料理を大きく3タイプに分類して見ることが多いです。

この基準を共有していただけると、よりディープにご当地料理を楽しむことができます。

1.ご当地グルメ (B級グルメ)

B級グルメと言った方が、なじみがあるかもしれません。B-1グランプリなどに出てくる、知名度の高い「料理」の一群です。観光地でよくPRされています。

昭和の高度成長期のころから、地元で愛されてきた「ノスタルジーグルメ」と、平成に入ってから町おこしの一環で開発された「新規開発グルメ」、一般家庭の味に光を当てて掘り起こした「発掘系グルメ」の3カテゴリーに細分化できます。

2.郷土料理

戦前、古いものは江戸時代、さらにその前から食されている、その土地ならではの料理の一群です。

名物として根強く愛されている料理がある一方、廃れていくものも多いです。

いわゆる、おばあちゃんの味。

3.特産品

その土地で生産量の多い食材や、調味料が該当します。気候や風土がマッチして、他地域と明確に差別化された、クオリティーの高い食材は絶品です。

一方で付加価値をつけようとただ銘柄を付与しただけの物もあるので、見極めが重要です。

ザックリとまとめましたが、実際はこの3タイプが混じったものもあり、ご当地料理の世界は複雑です。

さて、百聞は一見に如かず。食べながら「あぁ、なるほどね~」と思っていただければ幸いです。

のれんをくぐれば、そこは青森県。ほんの3時間旅に出かけましょう!

f:id:tabearukist:20170217145815j:plain

記念すべき1回目の旅先は、青森県!

グルメなお店ひしめく、新宿区荒木町の一角にある「りんごの花」が今回の旅先です。

外観からしてコッテコテで期待感が高まります。

f:id:tabearukist:20170212212457j:plain

旅のアテンダントは、横浜ご出身、青森にほれ込んだ小池店長と、青森県十和田ご出身の坂本女将です。

<ご当地料理店の楽しみ方 その1>

その土地出身の人がいる店はGOODな確率大!

その土地出身の人が切り盛りしているかは、欠かせないチェックポイントです。

加えて、外部出身でその土地のファンの人がいると、客観的な視点も加わり鬼に金棒のクオリティーになります。

f:id:tabearukist:20170212213420j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会