ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

なんでもあり? 香港のCDショップで日本のサンプル盤が売られる現実

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SINO SENTREでは日本のCDが多数売られているが、正規品ばかりではない

 日本で作られたCDのサンプル盤が、海の向こう、中国で売られているのをご存じだろうか。CDのサンプル盤には『このサンプル盤は非売品であり、プロモーション用として貸与したもので、目的以外(第三者への転貸、譲渡等)の使用を固く禁じます』という一文とともにシリアル番号がふられている。そのシリアル番号から誰が売ったか分かるようになっており、実質、日本国内では売買できない状態だ。だが、海外の流通までは管理できていないようだ。

 香港はモンコックにあるSINO SENTRE(シノ・センター)。「香港の中野ブロードウェイ」とも呼ばれるこの場所では、いたる店で日本製のCDが並べられているのを見ることができる。そこでは正規品に混じって堂々とサンプル盤も並ぶ。価格は正規品の半額以下。香港の音楽好きはこぞってこのサンプル盤を購入している。

「サンプル盤も新品とほぼかわらないし、なにより安い。プレミア感もある。1枚買ってみんなにデータで渡します」(CDショップにいた客)

 売られているCDには「○○局(放送局の名前)」、「××さんよろしくお願いします!」なんてプロモーション用の文言が入っているものも。どのような経路をたどって店にくるのかCDショップの店員に問いかけてみたが、ノーコメント。日本にこうしたサンプル盤を安く仕入れるブローカーが存在するのかも知れない。

 海賊盤が問題となっている中国だが、まさかサンプル盤までもが商売の対象になるとは・・・。”恐るべし中国”というほかない。

(神田桂一)

【関連記事】
「ボーカロイドを懸け橋に」アジア中からボカロファンが集結
ローソンの「ウチカフェ」、夏の新作コレクションは「アジアの魅惑スイーツ」
ダライ・ラマ「何かを決めるとき一面だけを見てはダメ。原子力についても同じ」 会見全文
メイド喫茶は人権侵害? 中国でブロガーの主張に賛否両論
中国のオタクに、「中国における日本のアニメ・マンガ事情」を聞いてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。