ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中国旅行でおすすめのお土産16選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
中国旅行でおすすめのお土産16選

中国には香り豊かな美容と健康にもオススメの中国茶や、綺麗なお花のお茶、安くて可愛い雑貨、そしてクスッと笑える楽しいお菓子まで、素敵な商品がいっぱい!

中国を旅するならぜひとも手に入れたい、お土産の数々をご紹介していきます。

 

1.中国茶

miyukiさん(@miyumiyu351004)がシェアした投稿 – 2016 10月 26 7:30午前 PDT

中国はお茶の発祥地ともいわれ、ジャスミン茶にウーロン茶、プーアル茶など、日本でもお馴染みの様々な種類の中国茶が楽しめます。4000年の歴史を誇る中国では、古くから「薬」としてお茶を使い始めたのが始まりだとも言われています。

 

そんな中国茶は軽くてパッケージも素敵なものが多く、お土産にはぴったり。コーヒーを飲まないという人にもおススメです。

値段は茶葉やお店のランクよってかなり変わってきますが、1箱(約50g)100元以下で手に入るものも多いです。

 

2.花茶(はなちゃ)

MALIKA♡さん(@mary1969s)がシェアした投稿 – 2016 12月 26 7:56午後 PST

数多くの中国茶の中でも、特に女性に喜ばれるのが花茶。花茶の中にはお湯を注ぐと球状の茶葉が花開く工芸茶もあり、見た目にも美しい驚きのあるお茶です。

例えばジャスミン茶の工芸茶だと8個入りの瓶で約50元ほど。他にも菊茶、ローズヒップなどが売られています。

 

3.猫的天空之城のドリップコーヒー

panayacoさん(@panayaco)がシェアした投稿 – 2016 5月 29 12:16午前 PDT

店内で書いた手紙を未来へ投函できるサービスが売りという、カフェ併設の人気猫雑貨店。そこに売ってあるドリップコーヒーの素朴なパッケージがとてもキュート!

コーヒー好きな人への上海土産にどうでしょう?

 

4.月餅(げっぺい)

@tan09280がシェアした投稿 – 2016 9月 21 1:03午前 PDT

月餅は、満月のように丸く平たい形のお菓子で中国の定番のお土産。中国の四大伝統祭りの一つである中秋節に欠かせない食べ物で、地域によって大きさや材料も様々です。

コンビニでも1個5元ほどで買えますが、味は中身や販売会社よっては好き嫌いがあるようなので、一度試してみてください。

 

5.パンダクッキー

kakoさん(@chamink17)がシェアした投稿 – 2017 2月 16 7:33午後 PST

なんだかこのあまり可愛くないパンダがまた中国らしいといいますか、思わずクスッと笑ってしまうブサカワクッキー。ちょっと攻撃的な表情がまたなんとも絶妙ですね。

甘さ控えめで食べやすいので、バラマキ用にもオススメ!

 

6.大白兔

cocoaさん(@komamayu15)がシェアした投稿 – 2017 2月 1 12:10午前 PST

中国のミルクキャンディー「大白兔」。1959年から続く歴史あるブランドで、味はミルキーに似ています。レトロな雰囲気たっぷりのウサギのパッケージが可愛くてオシャレで、女子にも喜ばれそう!

スーパーやコンビニ、空港などで売られており、お値段は約11元ほどです。

 

7.麻花(マーファー)

h_mutabilisさん(@h_mutabilis)がシェアした投稿 – 2017 2月 1 1:35午前 PST

有名な中国の伝統のお菓子、麻花。小麦粉をこねて、ねじって油できつね色に揚げた、かりんとうのような素朴な味わいと食感がとても人気で、8元(500g)ほどで手に入ります。

チョコ味、イチゴ味など種類も豊富です。

 

8.中国限定ゴディバ

亘 伊藤さん(@watavish)がシェアした投稿 – 2017 1月 23 7:07午前 PST

オシャレでセンスのいい中国限定パッケージがとっても可愛いので、もらうと思わず嬉しくなってしまいます。一瞬偽物かなと思ってしまいますよね。

でもあくまで中国らしさはパッケージだけで、中身は普通のゴディバチョコレート。安定のクオリティなので、目上の方やクライアントさんに是非。

関連記事リンク(外部サイト)

これ売っていいの?中国で売ってた変なモノ5選
最強の度胸試し!中国、華山の世界一危険な道がヤバイ!
中国で「もう日本に帰りたい…」と思った6つの瞬間
知らずに苦労した。上海観光を快適にする7つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。