体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?
特にぶつけた覚えはないのに、手がしびれたことはありませんか?

ただのしびれだと思って放置しておくと大変危険です。もしかしたら、そのしびれには重大な疾患が隠れているかもしれません。

今回は、手のしびれの原因と部位別のしびれから考えられる疾患、手のしびれQ&Aなどを医師に解説していただきました。

目次

手がしびれる原因

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?

神経の圧迫

手のしびれが起きる原因の一つとして考えられるものに、例えば脊椎、椎間板などによる神経の圧迫があります。

何らかの原因によって本来神経とは離れているはずの椎間板が飛び出したりして、神経を圧迫するケースがあり、こういった場合にしびれを感じさせることがあります。

また、手や腕を動かすのに重要な末梢神経や、血管が圧迫されて手のしびれという形で症状が現れることもあります。

脳の血管が破れたり、つまりが生じたりした場合に、その血管の影響を受ける部位が手の感覚や運動などに関与する部位である場合、手のしびれが出現することがあります。

脊髄

脳と体の各部をつなぐ神経の束ともいえる重要な部位である脊髄も、圧迫されることで手のしびれを出すことが考えられる部位です。

ストレス

ストレスによる自律神経の乱れなどによっても、手のしびれがみられることが知られています。

飲酒

アルコールを過度に摂取すると私たちの身体の中のビタミンが破壊されて、末梢神経炎が起こることがあり、手のしびれの原因となります。

血行

運動などをして筋肉痛になっていたり、肩こりが強かったりすると、血流の低下によってしびれ感が出ることが知られています。

その他疾患

糖尿病や甲状腺の機能低下などの内科疾患で、しびれが生じることは十分考えられます。

手の部位別しびれ方:指

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?

疑われる疾患

一定の姿勢をとり続けるなどして、手を圧迫し続けたことによって指先の血流が低下してしびれが出ることがあります。

また、手根管症候群や、糖尿病、指神経の麻痺や脳梗塞などの可能性もあります。

しびれ方の特徴

例えば手根管症候群の場合は、手のひら側、かつ母子から薬指までの範囲にしびれが現れやすい、糖尿病の場合は手足の指先にしびれが現れやすいといった疾患別の特徴があります。

治療法

原因により異なりますが、単純な圧迫によるものを除いて、専門医による治療を要する場合が多いでしょう。

手の部位別しびれ方:手のひら

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?

疑われる疾患

神経の圧迫や手根管症候群、肘部管症候群など、様々な可能性があります。

しびれ方の特徴

しびれている原因によりますが、手根管症候群は手のひら側、かつ母子から薬指までの範囲にしびれがありますし、肘部管症候群なら小指と薬指を延ばすことが困難になる、といった特徴があります。

治療法

手術や内科的な薬物治療など原因によって大きく異なります。

手の部位別しびれ方:ひじ

手がしびれる7つの原因を解説 手の部位別で違う疑える疾患とは?

疑われる疾患

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。