体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつでもあったか~いコーヒーを飲もう♪ 保温力で選ぶ「マグボトル」5選

f:id:ponparemall:20170216131058j:plain

冬真っ只中! 温かい飲み物が欠かせない季節です。だけど、缶やペットボトル、コーヒーショップのカップなどは、時間が経つと冷めてぬるくなってしまうもの。そんなときオススメなのが、保温機能を持つ水筒こと「マグボトル」です! 常に温かいから、体も心もホッとするし、新しく飲み物を買う手間も省けますよね。今回は、保温性に優れた5つのマグボトルをご紹介します。

ミリタリーデザインが目を引く“アメリカ発”真空断熱マグ

アメリカのサーマルウェアブランド「STANLEY(スタンレー)」のマグの中でも、普段使いしやすいのが「真空ワンハンドマグ」。その名の通り、片手でフタを開閉できる構造だから、手間を感じずに使えます。

f:id:ponparemall:20170216131202j:plain

無骨でアウトドアチックなデザインは、男心をくすぐりますよね。ややサイズは大きく重量もありますが、フタを外した時の注ぎ口がかなり広いので、飲み物を注ぎやすく、手入れもしやすいです。

今回はそれぞれの保温性を確かめるため、沸騰したお湯を入れてから1時間ごとにお湯の温度を測定してみました。

f:id:ponparemall:20170216131255j:plain

熱湯の温度変化

1時間後:82.1℃

2時間後:74.1℃

3時間後:67.2℃

4時間後:62.7℃

5時間後:56.5℃

やや温度が下がりやすい印象がありますが、5時間経っても飲み物としては十分温かい温度です。すぐに飲み切ってしまう人や猫舌な人にぴったりかも。

STANLEY 真空ワンハンドマグ 0.35L/4,320円(税込)

在庫をチェックする⇒

保温性抜群! ちょいレトロな瓶風ステンレスボトル

牛乳瓶のようなフォルムが個性的な「mosh!ボトル」。カラーバリエーションは11色と多く、好みに合わせて選べるところも魅力です。フタを開けて、注ぎ口から直接飲むタイプ。

f:id:ponparemall:20170216131741j:plain

やや重さは感じますが、コンパクトで底面の直径はペットボトルとほぼ同じなので、カバンにすっぽり入るでしょう。注ぎ口がやや狭いので、お手入れにはタンブラー用のスポンジなどがあるといいかもしれません。

f:id:ponparemall:20170216131821j:plain

熱湯の温度変化

1時間後:87.5℃

2時間後:83.2℃

3時間後:79.7℃

4時間後:76.6℃

5時間後:72.7℃

5時間経っても70℃以上を保つ、驚異の保温力を発揮しました。長い時間、屋外で作業を続ける時などは、高い保温力のありがたさをより感じられそうです。保温性に加えて、リーズナブルな価格も魅力的。

mosh!ボトル 350ml/2,700円(税込)

在庫をチェックする⇒

エコボトルメーカーが初めて手掛けたサーモボトル

スイスのアルミボトルメーカー「SIGG(シグ)」が、初めて作ったステンレス製ボトル「ホット&コールド ワン」。高い保温・保冷性を備えており、SIGGの特徴といえるフタのデザインも取り入れられています。

f:id:ponparemall:20170216132401j:plain

シンプルなデザインに映える赤い部分は、飲み口をしっかり閉めるためのロック。注ぎ口は広めに作られているので、お手入れもあまり苦労しないでしょう。

f:id:ponparemall:20170216132515j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。