ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

十割蕎麦の風味を楽しむ「けんちんそば」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月20日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、すぐに売り切れてしまう大人気グルメを目指して東京都内を駆け回るコーナーで、「松翁」(東京都千代田区)が紹介された。

JR総武線水道橋駅より徒歩6分ほどにある同店は、創業30年以上の老舗蕎麦店。店主が毎朝店内で打つ十割の手打ち蕎麦が味わえる他、季節に合わせて日替わりで打つという「変わり蕎麦」も常連客に人気だ。

番組では、人気メニューとして「けんちんそば」を紹介。味噌ベースのけんちん汁に、つなぎを一切使わない手打ちの十割蕎麦を合わせたこだわりの一品だ。鴨の脂で炒めた野菜と鶏ガラを丸2日間じっくり煮込んで作られた自慢の出汁に味噌をプラス。味噌との相性も抜群で、大根・人参・こんにゃくなどの具材もたっぷりで食べ応えがあり、冬にはぴったりの心まで温まる蕎麦となっている。「けんちんそば」を頂いた番組スタッフは、「食べた瞬間に口の中に蕎麦の風味がすごく広がります。お野菜の甘みと鴨の脂がすごく合います。」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松翁 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:御茶ノ水のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:御茶ノ水×和食のお店一覧
長い歴史の中で愛され続けてきた名物「カレー南蛮」
自家製の手打ち伊勢うどん

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。