ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ハイレゾ音源大賞2017年2月度セレクターにのん氏、家入レオのベスト盤ほか大賞候補5作品を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハイレゾ音源大賞2017年2月度セレクターにのん氏、家入レオのベスト盤ほか大賞候補5作品を発表

ハイレゾ音源配信5サイト連合企画「ハイレゾ音源大賞」の2月度推薦作品が発表された。今月のセレクターは、音楽好きとしても知られるのん氏。

発表された推薦作品は、鬼束ちひろ「シンドローム」(VICTOR STUDIO HD-Music.推薦)、サラ・オレイン「ANIMA」(e-onkyo Music 推薦)、mora Acoustic「ロマンティック・サックス 〜やすらぎの美メロ・クラシック名曲集〜」(mora推薦)、水曜日のカンパネラ「SUPERMAN」(OTOTOY推薦)、家入レオ「5th Anniversary Best」(レコチョク推薦)の5作品。

各サイトが推薦するハイレゾ作品の中からの選出とあって、邦・洋、インスト、名盤などが入り混じったユニークなラインアップとなった。大賞は2月28日に発表される。

ハイレゾ大賞
http://hi-res-award.com

VICTOR STUDIO HD-Music.推薦コメント
今月のオススメは、孤高の歌姫、鬼束ちひろのニューアルバム「シンドローム」です。ドラマ/映画「TRICK」の主題歌として大ヒットした「月光」の歌唱で広く知られる彼女ですが、その後は自由な表現を求めてジャンルに縛られない活動を展開、時としてドラッグクィーンばりの派手な恰好と言動で世を騒がせることもありました。6年ぶりのオリジナルアルバムとなる本作では、一転、初期作品を彷彿させるバラード中心に回帰、生命を削って聴く人の魂を揺さぶる歌声の存在感が復活しています。独特の耳に残る声色に、今までの遍歴で培った透明感、儚さ、気迫、狂気が入り混じった歌声は、高音質のハイレゾ音源でますます艶やかさを増し、深く鮮烈に胸に響きます。特にストリングスとのバランスが絶妙な「good bye my love」「弦葬曲」がオススメです。

e-onkyo music 推薦コメント
癒しの効果があるとされる「1/fのゆらぎ」を持つ3オクターブを超える歌声に加え、ヴァイオリンの演奏でも抜群のテクニックを持つ才女、サラ・オレインによる最新アルバム。“タイム・トゥ・セイ・グッバイ”、”大いなる世界”といったクラシカル・クロスオーヴァーの名曲を極上の歌声で聴かせます。

mora推薦コメント
クラシカル・サックス史上世界初のDSD5.6MHz一発収録した美メロ・クラシック名曲集。
どこまでも清涼な空気に満たされた八ヶ岳中腹の教会にて第10回日本管打楽器コンクール「サクソフォーン部門」を制し、第51回ジュネーブ国際音楽コンクールではセミファイナリストとなった世界的クラシカル・サックス奏者・大城正司が、ピアノ伴奏の西川幾子と絶妙なコンビネーションで全16曲をすべて一発録りした傑作。

OTOTOY推薦コメント
水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム「SUPERMAN」のハイレゾ配信がスタート。生まれたての彼女をプッシュし続けてはや5年。もはや今年日本で最も注目されるアーティストは、日本を飛び越え照準は世界へ!変わらないケンモチヒデフミの世界は、もはや超一流!2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなしだ。

レコチョク推薦コメント
「サブリナ」の鮮烈デビューから5年、家入レオのヒット曲がハイレゾで勢揃いした。過去作品を改めてハイレゾ音源で聴き直してみると、ギター・ピアノ・ストリングスという、生っぽい楽器を主体とした瑞々しいサウンドの存在感が、鮮烈に耳に突き刺さって来る。女性アーティストであるがゆえに、つい軽々しくポップスの括りで捉えてしまいがちな彼女の作品群なのだが、ハイレゾの持つ幅広いダイナミクスとリアルな表現力は、その奥に巧妙に埋め込まれたロックなスピリッツを見事に顕在化させている。繊細さだけではなく、楽曲が本来持っている“力強さ”を強力にプッシュしてくれるのも、ハイレゾの大きな効果なのだと気付かされたロックなアルバム!

関連リンク

ハイレゾ音源大賞

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。