体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャンプ初心者向けガイド!持ち物やテントの張り方、料理まで

キャンプ初心者向けガイド!持ち物やテントの張り方、料理まで

気心知れた仲間と、自然の中でゆったりと過ごすことのできるキャンプ…。年齢を問わず愛されているアクティビティーの1つで、一度ハマれば病みつきになってしまう方も多いです。

しかしながらキャンプ初心者の方は、何から始めれば良いの?どんな物が必要なの?と疑問に感じている方も多いはず。

今回はそんなキャンプ初心者の方のために、キャンプ用の持ち物やキャンプ場の選び方などをまとめてみました。

*編集部追記
2017年2月の記事に新たに情報を追記しました。(2017/12/11)

 

実際に持って行って良かったもの

初心者の方に特におすすめなものといえば、すぐに使える着火剤です。着火剤なしで火をおこすことはできますが、初心者の方には意外と難しいので、着火剤の力を借りるのがおすすめ!炭からバーベキューなどをする予定の方は、ぜひ持って行きましょう!

 

持って行かなかったけどあれば便利だった持ち物

私が持って行かなかったけれどあると便利だと感じたものは、アーミーナイフです。栓抜きや簡易ナイフ、ハサミなど、様々な用途に使えるアーミーナイフは、キャンプの必需品といっても過言ではないのではないでしょうか?

 

ビール瓶を開ける時や紐を切りたい時など、ちょっとした時にすぐ使えて、持ち運びも簡単なのであると本当に便利です。私は持って行かなかったのですが、友人が使っているのを見て、次回のキャンプには絶対持って行こうと心に決めました。

アーミーナイフは特にスイス製のものが有名で、使い勝手が良いと評判なので、購入する際はスイス製のものがおすすめです!
キャンプに関するおすすめの記事はこちらです
おすすめの寝袋10選!キャンプで快適な夜を過ごすにはこれで決まり
キャンプにおすすめのランタン11選

 

キャンプに必要な持ち物や道具

・テント
・ランタンなど照明器具
・テーブル&椅子
・クーラーボックス
・虫よけや殺虫剤
・ブルーシート
・バケツ
・軍手

などなど…

 

キャンプ場選びのポイント

初心者であれば、お風呂や売店、レンタル用品などの設備が充実したキャンプ場を選ぶのがオススメです。

管理人さんが常駐している場合、困った場合もすぐに相談できるので安心です。

また初心者はテントなどの設営に時間がかかるため、自宅から比較的近いキャンプ場を選ぶのも良いでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

キャンプ初心者におすすめの道具と簡単レシピ
日本にいながらニュージーランドの魅力を味わえる、「New Zealand Little Fes.」に行ってきました!
旅行先でBBQをするときに必要な炭火の起こし方
旅やアウトドアにおすすめ!モンベルのマウンテンパーカー14選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy