ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

完全なるインプロとクリムゾン曲でオーディエンスを圧倒。スティック・メン with メル・コリンズ東京公演をレポート。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
完全なるインプロとクリムゾン曲でオーディエンスを圧倒。スティック・メン with メル・コリンズ東京公演をレポート。

 キング・クリムゾンの現ベーシスト、トニー・レヴィンとドラマー、パット・マステロット、ロバート・フリップのギター・クラフト出身、マーカス・ロイターに結成したスティック・メンが、同じくクリムゾンのメンバーであるメル・コリンズをゲストに迎えた約2年ぶりとなる来日公演を2月20日、ビルボードライブ東京で開催した。

スティック・メン ライブ写真

 浮遊感漂うイントロから、昨年秋にリリースしたアルバム(国内盤が会場で先行発売されている)『Prog noir』収録曲の「Schattenhaft」で4人の音が複雑に絡み合う怒涛のパフォーマンスに突入。トニー・レヴィンはチャップマン・スティックを息をつかせぬ速さでタッピングし、マーカス・ロイターはスティックの展開型であるタッチ・ギターやシンセ、打ち込みを巧みに操り曲に様々な表情をつけ、パット・マステロットはメリハリのあるドラムスティック捌きで着実にビートを刻み曲の形を作り上げる。そしてその上をメル・コリンズのサックスが時に激しく時に滑らかに浮遊する。はたして誰がどの音を出しているかさえも危うくなるほど、次から次へと音が渦巻き、交錯する。オーディエンスはステージを凝視しながらも次々と押し寄せる音に飲まれ、静かに、しかし確実に高揚感と興奮に包まれた。

 キング・クリムゾンの「インダストリー」や『Prog Noir』の収録曲を披露したあと、マーカス・ロイターが「最もエキサイティングな瞬間」と語った、メンバーによる完全なるインプロヴィゼーションを披露。メル・コリンズのソロからスタートし、16ビートのハットの打ち込みが投下されると、トニーとマーカス、そしてメルが魔術師のごとく様々な音色を重ねていく。来日記念特集を執筆したライターの浅野氏の言葉の通り、「ミニマル系フレーズによるポリリズム的な絡み合い」で会場を大きな音のうねりに包みこみ、圧倒的な音世界で支配し、ラストをクリムゾンの「セイラーズ・テイル」、「レヴェル・ファイブ」で締めくくった。

 事前の予告通り、1stステージと2ndステージで異なるセットリストとなっており、どちらのステージもファン納得のパフォーマンスを見せてくれた。来日公演は本日21日の公演を残すのみ。残された2つのステージでも、20日とはまた違ったパフォーマンスでオーディエンスを深淵なるプログレッシブ・ロックの世界に導いてくれるだろう。

Photo:Masanori Naruse

◎公演情報
【スティック・メン with メル・コリンズ】
2017年2月18日(土)
ビルボードライブ大阪
公演詳細:https://goo.gl/FzKEtC

2017年2月20日(月)~21日(火)
ビルボードライブ東京
公演詳細:https://goo.gl/eZFWWq

関連記事リンク(外部サイト)

スティック・メン、新作アルバム&ベスト・アルバムを2月の来日公演で会場先行販売決定
EW&Fの血脈を引き継ぐアル・マッケイのハッピーなファンキー・ミュージック。音楽の悦楽に酔い痴れながら心温まる、厳冬のアーバン・ナイト
新旧&カバー曲で圧巻のステージを披露! Aimer【Acoustic Live Tour】の初日をレポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。