ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冨田勲、現代美術家・宇川直宏が手がけたアルバムアートワークを公開&アニメ交響詩『ジャングル大帝』上演決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年5月5日に逝去した作曲家、シンセサイザーアーティスト・冨田勲の遺作『ドクター・コッペリウス』の世界初演をライヴ収録したアルバムの発売に先駆けて、ジャケットアートワークが公開された。
アルバム『ドクター・コッペリウス DR.COPPELIUS』 (okmusic UP's)
アートワークを手掛けたのは現代美術家であり、人気ストリーミングチャンネルDOMMUNEの主宰である宇川直宏。宇川は、幕張メッセで2013年に行なわれたFREEDOMMUNEで冨田を夜明けのヘッドライナーに起用したり、晩年のリリースアルバムの多くのジャケットアートワークを手掛けるなど、まさに“TOMITAルネッサンス”のけん引役として活動を共にした人物だ。今回のアルバムは、逝去後初のリリース作品とあって、宇川の手掛けた作品として初めて冨田自身の写真を用いたジャケットアートワークとなる。

なお『ドクター・コッペリウス』は初演の成功を受けて4月に東京・すみだトリフォニーホールにて再演を予定していたが、公式サイトにて実施の延期と、代わりに4月19日(水)に同ホールにて冨田勲の生誕85年を記念し、冨田の代表作のひとつであるアニメ交響詩『ジャングル大帝』が上演されることが発表された。この作品は「TOMITAサウンド」と呼ばれる壮大なオーケストレーションで、ジャングル大帝の1時間におよぶストーリーが描かれるもので、オーケストラの生演奏と映像で上演される貴重な機会となる。

(C)Tezuka Productions

Photo by Yashuhiro Ohara

■『ドクター・コッペリウス』オフィシャルHP

http://www.dr-coppelius.com/

【宇川直宏よりコメント】
70年の大阪万博のスローガンよろしく「人類の進歩と調和」をサウンドで提唱し続けた冨田勲!!!!!!! 2016年5月5日….そんな冨田先生が子供の日に他界され、惑星の一つとなった….享年84。そしてこのたび、先生の遺作が銀盤に焼きついた!!!!!! 僕は常々、先生から、神の厳しさよりも仏のような慈悲深さを感じていました。「Dr.コッペリウス」!!!!! この作品は、冨田勲が全人類に託した真言であり、未完の人類遺産なのだ!!!!!!! 万物は流転しても冨田勲は永遠だ….

アルバム『ドクター・コッペリウス DR.COPPELIUS』
2017年3月22日発売

COCQ-85337/¥3,240(税込)

<収録楽曲>

2016年11月11日・12日

Bunkamuraオーチャードホール(ライヴ録音)

第0楽章 飛翔する生命体 Ascending Life Form

第3楽章 宇宙へ Into The Outer Space

ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第7番に基づく

第4楽章 惑星イトカワにて Landing on The Asteroid 25143 Itokawa

レオ・ドリーブ作曲 「コッペリア」ワルツに基づく

第5楽章 嘆きの歌 Song of Grief

ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第4番に基づく

第6楽章 時の終わり End of The Time

リヒャルト・ワーグナー作曲 「トリスタンとイゾルデ」愛の死に基づく

第7楽章 日の出 Rise of The Planet 9

冨田勲作品集 生誕85周年記念 アニメ交響詩「ジャングル大帝」
4月19日(水)  すみだトリフォニーホール

開場 18:00 / 開演 19:00

指揮:渡邊一正

新日本フィルハーモニー交響楽団

https://www.isaotomitacollections.com/

冨田勲 (okmusic UP's)
「ジャングル大帝」 (c)Tezuka Productions(okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。