ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

三代目JSB、新曲「HAPPY」MVで1920年代のレトロな世界観を煌びやかに再現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
三代目JSB、新曲「HAPPY」MVで1920年代のレトロな世界観を煌びやかに再現

3月8日にリリースされる三代目 J Soul Brothersのシングル「HAPPY」のミュージック・ビデオが解禁された。

「HAPPY」は堤真一主演の日本テレビ系土曜ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌。本楽曲は、ファンク・ディスコの要素にレトロなソウル感もミックスされたノリの良い爽快なトラックになっている。

「この楽曲がドラマとしっかりリンクして多くの方々に届いてくれることを願っています。悩み事だったり、心に秘めているネガティヴなことを全て取っ払って、一緒に楽しみながら幸せになろう、未来を切り開いていこうという想いを込めて、作詞家の小竹正人さんと一緒に歌詞を書かせて頂きました。とてもポジティブな楽曲ですし、コールアンドレスポンスや歌って頂くパートもありますのでオーディエンスの方々と一緒にこの楽曲を作り上げていきたいです」とメンバー今市隆二がコメントしている。

そして本MVは、1920年の空気感やファッションなどに非常にこだわった内容となっている。そんな本作の物語は、豪華絢爛なパーティー「Dress Up Ballroom(仮装パーティー)」にメインアーティストとして呼ばれた三代目 J Soul Brothers。彼らがステージの上で華麗に、お洒落に、かっこよく踊る姿は映画のワンシーンに入り込んだようだ。

さらに、デビュー・シングル「Best Friend’s Girl」から最新シングル「HAPPY」までの楽曲とミュージック・ビデオを収録したオールタイム・ベストは3月29日に発売を控えており、彼らの今後の活躍にも期待が高まる。

「HAPPY」ミュージック・ビデオ

関連リンク

三代目 J Soul Brothershttp://jsoulb.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。