ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

こんな風景が近くにあったなんて!妊娠中、安定期から始めたウォーキング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160929173624j:plain

胎盤が完成して流産の危険性が減る安定期。体調が良い状態が続いたため、妊娠16週ごろからウォーキングを開始しました。安産にはウォーキングがよいという話をよく聞きます。歩くことでお産に必要な体力がつくうえ、体重管理にも役立つというのです。食欲が増して体重が増加傾向だったこともあり、ウォーキングを日課にしようと決意!

妊娠しなければウォーキングを行うこともなかったかもしれません。帽子をかぶり、スニーカーを履いて準備万端。

まずは近所周辺を歩いてみることにしました。目的もなく歩くこと約5分。車では通ることのない田んぼ道を発見しました。こんな道があったなんて・・・なんだか探検をしているようで、凄くワクワクしました。 関連記事:夫と2人、夕食後のウォーキング。会話の時間で取り戻した穏やかな夫婦関係

ゆっくりと足を進ませると、そこには辺り一面に広がる緑美しい田園風景が。その瞬間、なんとも言えない清々しい気持ちでいっぱいになりました。心地よい風を全身に受け、思いっきり深呼吸。ともかく気持ちが良いです。風に揺れる稲穂の姿や、その上を飛び交う赤トンボたち。こんな風景は、ウォーキングをしなければ出会うことができませんでした。

自宅からたった5分でたどり着いた風景。特に何をするわけでもないのに、田んぼ道をひたすら歩き続けられるほど、心癒される時間でした。ウォーキングってこんな楽しみ方があるんだと感動しました。きっと、まだまだ知らない風景が存在するんだろうな。私はこれを機に、色々なところを散策してみることにしたのです。

私は仕事をしていたのですが、職場まで車で10分程度。歩いて行けない距離ではありません。そこで私は思い切って徒歩で職場まで行くことにしました。片道30分弱。往復で1時間歩くことになります。これが毎日となると、かなりの運動量です。もちろん安産のためにウォーキングを行うのですが、いつの間にか歩くことが楽しいとまで思えるようになりました。

通勤路から外れ、徒歩でしか行けない裏道を通ってみました。そこで目にする風景も初めてづくし。歩いている途中、職場の先輩が住む家を見つけたり面白い発見もありました。特に朝の空気は心地よかったです。小鳥のさえずりを聞きながら歩くだけでも癒される時間でした。

安定期から始めたウォーキングは、出産直前まで続けました。すると出産予定日より5日早く産まれ、お産もスムーズでした。ウォーキングをしたから安産になったとは言い切れませんが、少なくとも私にとっていい影響になったことは確かだと思います。 関連記事:家事にヨガにウォーキング!8ヶ月からとにかく動いて動いて、スピード安産に!

f:id:akasuguope01:20160929135741j:plain

著者:ビロード

年齢:36

子どもの年齢:5歳と3歳

やんちゃ盛りの5歳男児とおっとりした性格の3歳女児を育てています。子どもが何歳になろうと、育児の悩みは尽きないものだな~と感じる毎日を送っています。2人目の出産直前までフルタイム勤務をしていたため、仕事と育児の両立の大変さも経験。現在は専業主婦であり、働くママと専業主婦両方の大変さを身に染みて感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

マタニティーヨガで「レモン」を使った呼吸法。分娩室はレモンの香りでいっぱいに
妊娠中の受動喫煙の恐怖!タバコをやめない夫を泣きながら説得した私
最近やけに二日酔いが長引くと思ったら…。えっ!? まさかのつわり!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。