体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

痔やヤケド、食べ過ぎまで…意外にも身近な食材で簡単にできるナチュラル・ケア

120121medicine01.jpg

寒い時期、大きな声では言えないけれど、痔の悩みを抱える女子は結構多いのではないでしょうか。

何か自分でできる効果的な解消法はないかな、と調べていると、とびきりインパクトのあるお手当て方法を発見。

みみずに白砂糖をかけて、でてきた透明な液(強アルカリ)を脱脂綿にふくませて当てる」

こ、これはいくら効くと言われてもやってみる勇気はありません。

けれども、どうやらポイントは体を酸性からアルカリ性へと調整することみたいですね。ミミズが強アルカリ性な生き物だとはわたしも知りませんでした。

というわけで、無理なくおうちで試す方法としては、重曹のお風呂、お野菜中心のお食事でも同様の効果があります。もちろん、座ってばかりはNG、体を動かしましょう。
 
他にも、ちょっと怪我をしたときにキャベツの葉を指にまいたり、熱がある時には豆腐をおでこにのせたり、身近にある食材で、優しく体をケアするヒント、はまるとあれこれ試したくなります。

食べすぎたな、というときは、あたためたコンニャクを腰のあたりに置くととても気持ちが良いです。

また、体調がすぐれないときにオールマイティに使える飲み物が梅醤番茶

【作り方】
湯のみに梅干1/2~1個をいれ、小さじ1/2杯のしょうゆを加えて、いつもより濃い目に煮出した熱い番茶をそそぐ。よくかきまぜて熱いうちに飲む。

からだに悪いものは食べない! とがんばるのもなかなか続きません。おつきあいでついつい、暴飲暴食気味になってしまうことも多いもの。

バランス崩れてきたな、と思ったときはぜひ、自然のお手当てでケアしてみてくださいね。

photo by Thinkstock/Getty Images

[楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)12治る.com切れ痔の治し方と痔にならないための方法

(高木 恵子)


(マイスピ)記事関連リンク
病気や震災で自信を失くした私。1度は諦めてしまった夢を叶えたい!
風邪・インフルエンザ・花粉対策に! 首から下げるイオン空気清浄機 「ブルーア」に注目
今すぐ止めたい! 急なしゃっくりが止まるツボいろいろ

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。