ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DCコミックスのスーパーヒーロー映画『Shazam(原題)』、映画『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグ監督を起用か

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


映画『ライト/オフ』を手掛けたデヴィッド・F・サンドバーグ監督が、米ワーナー・ブラザース傘下のニュー・ライン・シネマによるスーパーヒーロー映画『Shazam(原題)』の監督を務める交渉中だ。

サンドバーグ監督の短編映画をもとにした『ライト/オフ』は、2016年夏にニュー・ライン・シネマより公開され、500万ドルの製作予算で1億5000万ドルの興行収入を獲得し、ホラー映画としては異例のヒットを巻き起こした。『ライト/オフ』が公開される数ヶ月前、ニュー・ライン・シネマは、サンドバーグ監督を8月に公開予定の映画『アナベル 死霊館の人形』の続編の監督に起用した。

シャザム(Shazam)が初登場したのは、フォーセットコミックから出版された『ウィズ・コミックス』第2号で、1939年にキャプテン・マーベルとしてアーティストのC. C.ベックとライターのビル・パーカーによって創造された。シャザムは、ビリー・バットソンという10代の少年のオルター・エゴ(別人格)で、古代世界の神々の頭文字を取った略語 “Shazam!” ─ソロモン(Solomon)の叡智、ハーキュリーズ(Hercules)の剛力、アトラース(Atlas)の体力、ゼウス(Zeus)の全能、アキレス(Achilles)の勇気、マーキュリー(Mercury)の神速─という呪文を唱えると、スーパーヒーローに変身する。

ドウェイン・ジョンソンは、長きに渡り『Shazam(原題)』に参加することを望んでいた。2014年ニュー・ライン・シネマは、ジョンソンをブラック・アダム役として脚本家のダレン・レムケと共に起用したことを発表した。

1月、ニュー・ライン・シネマとDCエンターテインメントは、ジョンソン演じるブラック・アダムに焦点を当てたスピンオフ映画の計画を発表した。その結果、ジョンソンは『Shazam(原題)』から外れることになり、現在両プロジェクトが同時に開発されている。

サンドバーグ監督は、スウェーデンの出身だ。ニュー・ライン・シネマは、サンドバーグ監督の超常現象を扱った短編映画を見て、『ライト/オフ』の監督に彼を起用した。サンドバーグ監督は、短編作品で監督、脚本、共同プロデュース、撮影、スコアリングの全てを担当した。同作は、2013年にサンドバーグ監督の妻となったロッタ・ロステンもプロデュースと主演を務めた。このニュースはWrapが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。