ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

無理をした翌日、身体中パンパンにむくんでしまうトラブル。内臓のむくみで赤ちゃんが出てこない!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160928235428j:plain

これは妊娠39週、出産予定日一週間前の話です。

私には小学生の長男と保育園に通う次男、そしてお腹の中に三男がいました。やんちゃざかりの子どもたちと三男の出産を楽しみにしていました。

行事が多い小学校では、出産予定日一週間前に運動会がありました。せっかくの長男の活躍の場ですが、日差しが強く暑い日が続いていたので、半日だけ参加することにしました。

朝からお茶やお弁当の用意、子どもたちの支度などでバタバタと始まりました。運動会中は特に問題なく、子どもの出番が終わるとすぐに帰宅しました。

しかし、問題は次の日に起こりました。

朝から足が重たいと感じていたら、今までにないくらい足がむくんでいました。足の指もみんな同じ太さになり、足首がないくらいパンパンです。

以前からむくみを指摘されることが多かったのですが、これほどむくんだのは初めてでした。

はじめてむくみんだ時のように、困惑しながらも足を休ませることを考え、足に貼る冷却シートなどを使用してのんびり就寝した翌日の明け方、お腹の痛みで目を覚ましました。

朝6時から腹痛と腰痛がありましたが、まだ余裕があったのでシャワーを浴びて病院へ向かいました。

しかし一昨日の疲れのせいか足も手もパンパンなままです。

病院に到着すると、子宮口が開いていたので、そのまま分娩室へと入りました。そのときの私は、そんなに時間もかからず、すんなり産まれると思っていました。

しかし、力んでも力んでも赤ちゃんの頭も出てきません。力みすぎて酸欠になり、酸素マスクをつけ、さらに力み続けました。

先生によると、子宮口は全開なのに、内臓までむくんでいて赤ちゃんが出られないとのことでした。 関連記事:自覚症状はむくみだけだったのに。実は命すら危なかった重度の妊娠高血圧症!2か月早く帝王切開に

私は、会陰切開をお願いすることにしました。

部分麻酔をかけられると

バチン、バチン、バチン

という凄まじいハサミの音が聞こえたかと思えば、

ドシャーッ

という滝のような水の音とともに元気な男の子が生まれました。

今までそこまで会陰切開をされたことがなかったので、今でもハサミの音が耳に残っています。

無事に産むことができましたが、貧血で手が震え、産まれたばかりの赤ちゃんをすぐに抱っこしてあげられませんでした。今でもそのことが心残りとなっています。

上の子がいると学校行事やイベントが多く、忙しいことが多いですが、無理をしないで夫や両親に任せられることは任せるべきだと反省しました。

お腹の赤ちゃんのことを一番わかって守ってあげられるのはお母さんだけです。

新しい家族を元気に迎え入れるためにも、お腹の中の赤ちゃんと自分の体調管理をしっかりし、出産するべきだったと思いました。 関連記事:産んだら治ると思ったのに、まるでゾウの足!産前産後のひどいむくみが解消した意外な方法とは!? by ぴの字

f:id:akasuguope01:20160928194641j:plain

著者:こみく

年齢:26歳

子どもの年齢:10歳、8歳、2歳

やんちゃざかりの3人の男の子のママです。同じ兄弟でも性格が違い、一筋縄ではいきません。でもどんなにいたずらされても、どんなに生意気言われても、子どもたちと向き合えるママでいたい。目標は、3人の息子に「ママの子どもでよかった」と言ってもらうことです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

わがままに育ってきた私が母に。自分よりも大切な存在に出会うことができました
産む前に知りたかった…
会陰縫合は抜糸も痛~~い!不意打ちでやってきた、強烈な痛みに悶絶 by ナナハル

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。